0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

海外出張に行くと、その国ごとにコンセントの形状が違ったりします。
そのため、以前は出張前にWebで調べていたのですが、問題になるのは「Type ~」という記述。見たことがあっても、コンセント・タイプの型式までは覚えていられません。

ライフハッカーでは、海外でよく使われているコンセントの型を国別に一覧で紹介してくれていました。
f6369712.png
出典:ライフハッカー

でも、今はを持っていきます。
GEAK_20160913_132138GEAK_20160913_132150

この2つを合体させると…
GEAK_20160913_132205

ほとんどの形状のコンセントに対応できるし、コンパクトなので持ち歩きが便利です。
海外に持ち出すことを考慮しているせいか、やけに頑丈。何年たっても壊れる気配もありません。
これはおススメです。




  クリックして応援をお願いします!

160912_AirPod
出典:ロイター

AppleがiPhone7と一緒に発表したAirPod、「チンアナゴにしか見えない」なんて言われています。
まぁ、Appleの開発者がチンアナゴを知っていたとは思いませんが…

IPhoneを使っていないのでAirPodを買うことはありませんが、どうせ買うならのほうがカッコいいです。
Case-with-earbuds-2
出典:バリュートレード

バリュートレードは、米ERATOの左右分離型Bluetoothイヤフォン「Apollo7」を9月30日に発売します。マイク付きの左右分離型イヤフォンで世界最小。防水性能を備えています。価格は36,880円。
カラーは、スペースグレー、ローズゴールド、ゴールド、シルバーの4種類。
Earbuds-1
出典:バリュートレード

イヤフォン部分にはSiriやGoogle Nowに対応する小さなボタンを搭載。ワンクリック、ダブルクリック、2秒長押し、5秒長押しの4つのアクションで、通話や音楽再生など操作ができます。
再生時間は最大3時間、通話時間は最大4時間。アルミハウジングの充電ケースが付属しており、イヤフォンを約2回フル充電できます。
  • 販売店:ヨドバシカメラ、ビックカメラ、eイヤホン
  • 発売日:2016年9月30日(金)
  • 予約開始日:2016年9月13日(火)

  クリックして応援をお願いします!

f4240406.jpg
出典:ロジテック

ロジテックは、デジタルサイネージ用BOX PC「LB-HMB543」を発表しました。
この製品は、液晶TVなどにHDMIで接続するだけで、デジタルサイネージプレイヤーとして利用できます。
  • 1920x1080 Full-HD対応
  • OS : Android4.4.2搭載
  • 有線LAN/無線LAN/HDMIコネクタを標準装備
  • USBポート : USB2.0 × 4ポート
  • 75x122、100x122mmの取付穴で大画面TVに固定・設定が可能
発売は10月上旬。値段は、ロジテック直販で42,984円のようです。
jp

これ、うまく使えば品質管理データを現場に表示するのによいかも。


  クリックして応援をお願いします!

AppleのiPhone 7/7 Plusからイヤホンジャックがなくなった、というニュースがネットで話題になっています。

 イヤホン挿したら充電はどうする?

と、考えた方も多いでしょう。
さっそく、Belkinが悩みを解決してくれました。
mainbelkin
出典:engadjet


Belkinは、ヘッドフォンジャックがないiPhone 7/7 Plusに接続して充電しながらLightningイヤフォンも使えるようにする「Lightning Audio + Charge RockStar」を発表しました。米国では10月10日に39.95ドル(約4,000円)で発売します。


Lightningポートが2つあるので、充電ケーブルとLightningヘッドフォンを同時に挿して利用できます。
このタイミングで出るわけですから、もちろんAppleとの協力があったそうです。安心して使えますね。

関連リンク
Belkin ニュースリリース



  クリックして応援をお願いします!

00_m.jpg
出典:GIGAZINE

GIGAZINEによると、触れたものから色を抽出してCMYKインクを使って1600万もの色を作り出せるペン「Cronzy Pen」がクラウドファンディングで資金を募っているそうです。
このペンはスマートフォンアプリと連携し、触れたものから色を抽出します。で、その色をCMYKインクを使って再現するわけです。魔法のようなペンですね。



その構造はというと、RGBセンサー、Bluetooth、ARM Cortex-M3を搭載。
インクは、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、ホワイトの5色で構成されています。稼働時間は7時間。

061_m.jpg
出典:GIGAZINE

  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ