0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: ガジェット

000080102
出典:シャープ

シャープは、最大5,000ページの手書きノートと4年分のスケジュール帳を保存でき、入力・編集機能が進化した電子ノート「WG-S50」を10月13日に発売します。価格はオープンプライスで、予想価格は18,000円ほど(税別)。
既存製品のWG-S30とくらべてメモリ容量が増加し、保存できるページ数が約1.7倍の5,000ページ分に増加しました。また、CPUの動作クロックが2倍の96MHzとなり、ページ送りなどの操作性も向上しています。
そのほか、指定範囲の移動やコピー、図形描画機能、スタンプの増加など、入力・編集がより便利になりました。さらに、使わないときに時計やカレンダーを表示する「デスクトップモード」も追加されています。
本体サイズはW115×H155×D9.9mmで、画面サイズは8インチで600×800ドット。重量は215g。

関連リンク
電子ノート<WG-S50>を発売|ニュースリリース:シャープ
製品トップ | WG-S50 | 電子ノートトップ:シャープ


  クリックして応援をお願いします!

20170911101107

出典:Google

NHKによると、Googleはスマートスピーカー「Google Home」を10月上旬に日本で発売する方針を固めたそうです。
正式な発売日や価格はまだ未定です。参考までに、米国では129ドルで販売しています。
AIスピーカーは、将来的に、さまざまな家電製品などを操作する司令塔のような存在として国内でも普及が進むと見られていて、グーグルの参入で日本市場での主導権争いが一気に激しくなりそうです。


海外では「Amazon Echo」や「Google Home」が市場争いをくり広げ、現時点ではAmazonが70%強のシェアを確保。スマートスピーカーの日本発売により、戦いの場は日本市場にも拡大されることになります。


  クリックして応援をお願いします!

17-09-03-15-37-08-815_photo

ダイソーでBluetoothリモコンシャッターを購入しました。人気があるのか、色は黄色しかありませんでした。
さっそく、Galaxy Note Edgeとペアリングしてみると、「AB Shutter 3」というデバイスが表示されました。HIDプロファイルですね。

ペアリングすると、画面にこんな画面が。ちょっと面倒くさいですが、仕方ないですね。使い終わったらキーボードを切り替えることにしましょう。
Screenshot_2017-09-03-15-38-57

Line Cameraでテストしたところ、ちゃんとリモコンシャッターとして動作してくれました。
カメラアプリを終了してシャッターボタンを押したら着信音の音量が上がったので、ボリュームアップの ボタンとして動いているようです。
値段は300円とちょっとお高めですが、その価値は十分にありそうです。


  クリックして応援をお願いします!

20170904103230
出典:Microsoft

2017年9月1日(米国時間)、Microsoftは、「Windows 10 Fall Creators Update」を10月17日にリリースすることを明らかにしました。
このアップデートでは、Acerなどの各種メーカーが販売を開始する「Windows Mixed Reality」ヘッドセットにも対応するとのこと。

Sign-up-for-Windows-Mixed-Reality
出典:Microsoft

10月17日以降、安価で高解像度な「Windows Mixed Reality」ヘッドセットの登場により、Mixed Reality(複合現実)が身近なものとなりそうです。




  クリックして応援をお願いします!

SC GA10
出典:パナソニック

2017年8月30日(ドイツ時間)、パナソニックは、Google Assistantを世界で初めて搭載したスマートスピーカー「GA10」を発表しました。価格は未定。欧州市場では2018年初頭に発売の見込みです。
Google Assistantが搭載されたことで、Google Play Musicなどのエンターテインメント系の操作やスマート家電の操作にも対応。「OK Google、エアコンの温度を下げて」という操作も可能になります。

これまで、「Amazon Echo」、「Google Home」、Apple「HomePod」、LINE「WAVE」などが立て続けにリリースされ、スマートスピーカーが乱戦状態。
パーソナルアシスタントの覇権争いはここからが勝負です。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ