0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: その他


160620_gyouza

2016年6月18日放送のTV番組「ジョブチューン」で、味の素の冷凍餃子のヒミツをぶっちゃけてました。

味の素の餃子は1972年に発売。2003年以降、すべての家庭用冷凍食品の中で売上げ1位を13年連続。つまり、日本で一番売れている冷凍食品なのです。
2012年、油と水なしで焼ける羽根つき餃子を実現し、爆発的な大ヒットをしました。
ほかにも品質やトレーサビリティ管理に関するヒミツまで紹介してました。

その中でも興味を持ったのは、特許のはなし。
この水なし油なしで焼ける餃子の特許、他社はすり抜けて真似しているそう。敵ながらアッパレ、いいものはパクられるという感想のようです。

特許を取得するということは、「技術を公開する」ということです。
出願した日から1年6カ月を経過すると、特許出願の内容が公開公報によって公開されます。公開された出願内容を参考にして、競合他社がすり抜け方を考えたりするわけです。

そのようなデメリットを回避するため、自社技術をブラックボックス化するという戦略もあります。
特許として出願するかブラックボックス化するか、そのあたりは事業戦略に合わせて使い分けをする必要があると思います。
判断材料はいっぱいありますが、その例は

 リバースエンジニアリングできるか否か
 他社がその技術を実現できるか否か
アイデア_H100

目視検査支援機Neoviewの基本構造については、迷わず特許出願をしました。ハードウェアは1台購入されれば、リバースエンジニアリングですぐにコピーできちゃいますから。だったら特許を取得して安心してビジネスができるようにしようと考えたわけです。

また、インライン機で評判のよい「マルチコントロール」という機能も特許を取得済みです。この機能は高度なソフトウェアで実現されているため、他社は易々と実現することはできません。だから、特許出願が公開されても問題ないと判断しました。
実際、他社でマルチコントロールと呼んでいる機能、Neoviewのそれとはまるで別物のようです。 「マルチコントロール」という単語に惑わされないようにご注意ください。

関連記事
好評です。インライン型目視検査支援機+マルチコントロール
 

  クリックして応援をお願いします!

6月20日の未来世紀ジパング、イギリスの激変ぶりを特集していました。

ご承知のとおり、イギリスはEU離脱か残留かを問う国民投票を6月23日に控えています。世論は拮抗しており、EUを離脱する瀬戸際に立っている状況です。

と、このあたりの話はちょっと置いておきます。
この番組を見て、胸が熱くなる思いでした。それが
160621_azuma
出典:Huffington Post Japan

イギリスの高速鉄道に採用された日立製作所の新型車両「あずま」です。

明治5年9月、日本初の鉄道が新橋-横浜間で開通。これを実現したのは、イギリスの鉄道技術でした。
そして現在。鉄道産業が衰退したイギリスに、日本がイギリスから学んだ鉄道技術を進化させて輸出したのです。
鉄道発祥の地に巨大な工場を作り、現地で車両を生産。現地の指導者を育成すべく、イギリス人社員を日本で教育をしています。
この状況を番組では、

 青は藍より出でて藍より青し
 出藍の誉れ(しゅつらんのほまれ)


と締めくくっていました。
出藍の誉れとは、弟子が研鑽し師を凌駕すること。師があってこその弟子です。
イギリス、そして産業革命に敬意を表します。


  クリックして応援をお願いします!

20160613_deus0
出典:GIZMODO

GIZMODOによると、機械義肢の低コスト化を目指すOpen Bionics社が、手頃で実用的、さらにデザイン性にも優れた筋電義手を制作しているそうです。
この義手はゲームスタジオEidos MontrealとゲーミングデバイスブランドRazerと共同で開発しており、ゲーム「Deus Ex(デウスエクス)」風。
20160613_deus1 20160613_deus2
出典:GIZMODO

この2本の美しい義手は、機能面では未完成のプロトタイプ。完成後にはデータをオープンソースとして公開し、誰でも3Dプリント可能にする計画です。

サイバーパンクな世界がどんどん近づいている感じです。
サイバースペースにジャック・インする日は近いのかもしれません。




  クリックして応援をお願いします!



今朝の読売新聞。コマツの全面広告がありました。
実証 スマートコンストラクション。」だそうです。

ドローンで現況測量したり、ICT建機で施工したりと、3Dデータをベースに現場のすべてのものをつなげる建設現場IoT。労働力不足やオペレータの高齢化、安全やコスト・工期に関わる現場の課題を解決してくれそうです。


  クリックして応援をお願いします!

160615_JTB_Virus

JTBから個人情報793万人分が流出した件。
その原因は、PlugXというウイルス。「PlugX」とは、大手企業や政府系機関を標的とする「標的型攻撃メール」で使われるウイルスです。

通常、標的型攻撃メールを受信しただけではウイルスに感染することはありません。
ウイルスに感染するのは、添付ファイルを開いたとき。添付ファイルを開らくと、PlugXは自分のコピーを作成し、システムを侵食していきます。その後、PlugXが外部に個人情報などを送信し始めるのです。

ということで、重要なのは添付ファイルを開かないこと

ウイルス感染を防止するためにセキュリティソフトを入れるのは当然。
さらに、怪しいファイルを見つけやすくする手段として、ファイルの拡張子を表示するという手もあります。

Windows10 の場合、デフォルトではファイルの拡張子を表示しない設定になっています。これを表示する設定にするだけで、怪しいファイルを確認することができます。
拡張子を表示する設定が記載されたWebは
Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする

この設定をすると、ファイルの名前に「あいうえお.exe」「かきくけこ.txt」のように、.(ドット)+3~4文字の文字列が表示されます。これが拡張子です。
注意すべき拡張子の例は

.exe  .com  .bat  .cmd  .pif  .scr  .vbs  .vbe  .js  .wsf  .wsh

これらの拡張子は実行可能なファイルであることを示しています。
メールで送信されてきたファイルが実行可能なものの場合、ウイルスの可能性が高いです。不用意に開かないようにしましょう。
知らない人からのメールはもちろん、知人からのメールであっても開いてはいけません。その知人がウイルスに感染している可能性もありますから。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ