その他 : 0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: その他

170303_aws

AmazonのAWS S3クラウドストレージで大規模な障害が発生した件について、AWSはその原因と対策を発表しました。
その原因はというと…

エンジニアの入力ミス

S3のサブシステム用サーバの接続を解除しようとした際、入力するコマンドをミス。これによって、意図したよりも多数のサーバを解除してしまったとのこと。
接続が解除されたサーバの中に米国東部リージョンの管理に係るサブシステムも含まれていたことが問題を大きくしてしまいました。
同様の事故を防止するため、システム変更に関連する入力でのミスを防ぐようにツールを変更。さらに、S3の主要サブシステムのリカバリ時間を短縮する改善も行ったそうです。

最初は単純なヒューマンエラーでしたが、システムがあまりに大きかったため、その影響がドミノ倒しのように全体に拡大してしまいました。
「うっかりミス」によるシステム障害というのは、昔から後を絶ちません。




  クリックして応援をお願いします!

170301_oneboardaudio

国内オーディオ関連企業8社は、「ワンボードオーディオ・コンソーシアム」の設立を発表しました。
このコンソーシアムは、Raspberry Piをコアとしたオーディオプラットフォームの規格策定を行います。

同コンソーシアムが規定するハードウェアは、の2つ。

  • 「π-A1(仮称)」:ヘッドフォンリスニングに適したポータブル型
  • 「π-L1(仮称)」:他のオーディオ機器と組み合わせる据え置き型

Image1-618x358

また、ソフトのサポートおよび配布は原則としてディスクイメージで行なわれます。


関連リンク
ワンボードオーディオ・コンソーシアム
 

  クリックして応援をお願いします!

be-V3YP61NH0lA
出典:日産

2017年2月28日、日産は、 ロンドンで自動運転車の試験を開始しました。
試験に使う車両は、電気自動車のLeafを自動運転に対応させたもの。地方の狭い道路から幹線道路まで、条件の異なる道路を最高時速50マイル(80km)で走行する実験となります。

日産はこれまでも東京やシリコンバレーで自動運転の試験を行っており、ヨーロッパでは初試験。
ロンドンは自動運転に対してオープンな姿勢を示していることから、ヨーロッパ初の試験場所に選ばれたとのこと。






  クリックして応援をお願いします!

窓の杜の連載「いまさら聞けないWindows 10」で、タスクバーに和暦を表示する方法が書かれていました。
取引先とのやり取りでは西暦を使うことが多いのですが、公的機関に提出する資料では圧倒的に和暦が多数。そのせいか。資料作成時に西暦→和暦の変換に悩むことがあります。そのたびにカレンダーを見るのが面倒なので、設定してみることにしましょう。

  1. アクションセンターを開き、[すべての設定]をクリックする。
    BlogPaint

  2. [Windowsの設定]画面で[時刻と言語]をクリックする。
    BlogPaint

  3. [日付と時刻]画面を下にスクロールし、関連設定の[日付、時刻、地域の追加設定]をクリックする。
    BlogPaint

  4. 表示された画面で[地域]欄の[日付、時刻、または数値の形式の変更]をクリックする。
    BlogPaint

  5. [形式]タブの下段にある[追加の設定]をクリックする。
    BlogPaint

  6. [形式のカスタマイズ]画面で[日付]タブを開く。
    BlogPaint

  7. 表示された画面の[カレンダー]欄にある[カレンダーの種類]から[和暦]を選択する。
    BlogPaint

  8. [OK]ボタンをクリックした後、開いた画面をすべて閉じる。

この設定を行うと、タスクバー右にある時刻表示の上にカーソルを置くと、和暦の日付が表示されるようになります。

170228_124520_NoName00



  クリックして応援をお願いします!

wallpaper03
出典:三菱航空機

三菱重工業は、国産初のジェット旅客機 MRJ(三菱リージョナルジェット)の量産計画を縮小するそうです。
当初、2020年に月産10機としていた生産体制を月産1機程度に大幅減。MRJの納入時期が約2年遅れとなったことに伴う処置です。

今回の量産計画の縮小によって、量産の準備を進めていた部品メーカーには大きな打撃となります。三菱重と部品メーカーの足並みの乱れが、さらなる問題を引き起こさなければよいのですが。





  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ