0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 目視検査

thinkpad-x1-carbon-1920x1080-2
出典:Lenovo

レノボ・ジャパンは、PC製造時のエネルギー削減と電子部品の信頼性を高める低温ハンダ技術「LTS(Low Temperature Solder)」プロセスを開発しました。
LTSプロセスでは、ハンダ付け時の最高温度を従来の温度よりも70℃低い、180℃に下げることが可能。これにより、熱による基板や部品へのストレスを低減できるほか、基板のそりも50%減少します。
このプロセスを採用するにあたって、特殊な設備の導入は必要ありません。既存のリフロー炉が使えますし、ハンダペーストも既存の素材の組み合わせで対応できるとのこと。

すでにThinkPad Eシリーズや第5世代X1 Carbonで採用されており、2017年には8つのSMTラインに導入する予定です。

LTSプロセス、この目で見てみたいものです。
自動外観検査機(AOI)や目視検査支援機で検査をするとき、基板のそりはけっこう厄介です。精度を上げるためには、そり分の補正をかける必要があります。
また、熱ストレスを低減できることで、製品の信頼性は格段に向上するでしょう。


  クリックして応援をお願いします!

17-02-01-11-15-47-512_photo_

目視検査支援機Neoview用のベアボードが届きました。
届いた荷物の中には、こんな手紙が。
Honeyview_17-02-01-11-43-08-666_photo

テクノバースさん、創立25周年を迎えられたそうです。
おめでとうございます!


  クリックして応援をお願いします!

17-01-30-12-42-25-082_photo

目視検査支援機Neoviewで使用する制御基板の量産部品を手配しています。
制御基板の改造も計画されており、その開発期間を稼ぐために発注数は多めです。

自動車関連の製造ラインでは、人件費を大幅削減できる「マルチコントロール(特許取得済)」機能の導入が進んでいます。
目視検査の人件費削減に興味のある方は、お問い合わせください。
NVS400LM2_catalog


  クリックして応援をお願いします!

来週の1月9日、今年初めての納品・設置作業を行います。
ということで、目視検査支援機Neoviewを出荷しました。

ラップ巻きで簡易梱包。
IMG_4812

ヤード下でエアサス車に載せます。
IMG_4816IMG_4817

自動車関連の製造ラインでは、人件費を大幅削減できる「マルチコントロール(特許取得済)」機能の導入が進んでいます。
目視検査の人件費削減に興味のある方は、お問い合わせください。
NVS400LM2_catalog


  クリックして応援をお願いします!

newspaper_w320xh213

読売新聞の記事。
「第4次産業革命は、製造業をサービス業に変える」がキーワードでした。
IoTを活用することで、製造工程で得られる膨大な情報が新たな商売の「ネタ」になるとしています。

目視検査支援機Neoviewも、検査工程に存在する膨大な情報に着目して開発された製品です。
目視検査の工程には品質に関するさまざまな情報がありますが、顕微鏡や拡大鏡では記録を残しにくいため、その膨大な情報を活用するのが困難でした。
Neoviewでは、それらの情報を自動で記録。目視検査工程を見える化します。さらに、品質管理ソフトウェア QC-Aidで統計管理も可能です。

詳細をお知りになりたい方は、お問い合わせにアクセスしてください。
neoview


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ