0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 目視検査

今から12年ほど前、海外で目視検査支援機Neoviewが大量に導入された頃の話。
販売を開始して数年たった頃のことです。

取引先から「この間のメンテナンスは何だったのか?」と質問されました。
当社の社員がいきなりやってきて、目視検査支援機のカバーを外し、あちらこちら調べていったそうです。

 ん? うちの社員、台湾へメンテナンスに行ってませんけど…
 なにかおかしい_H100

さて、謎のメンテナンスマン、いったい誰なんでしょう?

それから少し後、Neoviewにそっくりな類似製品が台湾で見つかりました。

160623_spy


  クリックして応援をお願いします!


コニカミノルタでは、デジタルマニュファクチュアリングという活動をマレーシアおよび国内のモデル工場で実践しているそうです。この活動、自動化技術とITを組み合わせたもので、その目標は「人・場所・国・変動に依存しない生産方式を確立すること」
たとえば、各工程の品質データを集め、PC、タブレット、スマートフォンなどで閲覧できるようにしたそうです。これにより、日本にいながら海外工場の設備稼働が管理できるのです。

実は、目視検査支援機Neoviewでも品質データを海外工場から確認することができるんです。
それを実現するが品質管理ソフトウェア QC-Aid(キューシー エイド)

このソフト、自動外観検査機(AOI)や目視検査支援機Neoviewでの品質データをWebブラウザで管理できます。仮想プライベートネットワーク(VPN)で海外工場に接続すれば、海外の生産状況までリアルタイムに把握可能。
国内外での導入数が大幅アップ中です。

見える海外工場に興味のある方はをクリック!
QC-Aid-001


  クリックして応援をお願いします!

今日は、お客様が目視検査支援機Neoviewの事前立合いに来社されています。
対象となる機種は、NVS400DM、デスクトップ型のMサイズです。

160623_xCube2

お客様の安全仕様に合わせた改造箇所が多数。それらをお客様にチェックしていただきます。
安全仕様に基づくハード・ソフトの改造にも当社エンジニアが対応できますので、ご不明な点があればお問い合わせください。

問題なければ本日出荷。明日、納品に伺います。
最終の納品先は南米。このマシンが現地で活躍してくれるのを楽しみにしています。


  クリックして応援をお願いします!

160617_bmwi8mirrorless
出典:Joyride in the BMW i8 Mirrorless! – CES 2016

2016年6月17日、国土交通省は、自動車のバックミラーやサイドミラーの代わりに、カメラとモニターを備えた「ミラーレス車」の製造を18日に解禁すると発表しました。昨年11月に国連で採択された国際基準に沿った対応です。
国際基準に沿って保安基準が改正され、認証を得た新型車から公道での走行が可能になります。対象は乗用車やトラック、バスなど。バイクは除外されます。
 
イーロンマスクCEO率いるテスラ社では、2012年にミラーレス車「モデルX」を発表済み。BMWなどもミラーレス車を発表しています。
今回の保安基準の変更によって、国内の自動車メーカーによる開発の動きが加速することになります。

ミラーレス車に搭載されるカメラ、モニター、制御基板などには、非常に高い品質が求められます。「後ろが見えなくて事故を起こした!」では済みませんから。
それらの機器の品質保証に目視検査支援機Neoviewが活用される日はもうすぐです。

関連リンク
国土交通省 : 報道発表資料


  クリックして応援をお願いします!

160616_LQP01HQ
出典:村田製作所

2016年6月16日、村田製作所は、0201サイズ(0.25×0.125mm)の高周波インダクタ「LQP01HQシリーズ」の量産を8月から開始すると発表しました。サンプル価格は5円/個。
LQP01HQシリーズは、超小型コイルを形成するための材料や加工技術を進化さ せ、0201サイズの量産化を実現しました。

スマートフォンなどのモバイル機器では、部品の小型化が多機能・高性能化のカギ。
今後、自動外観検査機(AOI)の最小検査サイズが0201となれば、今まで以上に過剰判定が多発するおそれがあります。
当社ではチップの微細化に対応すべく、目視検査支援機Neoviewの開発をさらに推し進めています。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ