0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: 目視検査

2016年6月5日のがっちりマンデー!!、録画をやっと見ました。
今回のテーマは、地元に密着!「儲かり地元ホームセンター」。紹介されたホームセンターは

ムサシ(新潟県) : 体験できる売り場で売り上げアップ
160609_musashi
体験できる売り場が特長。爪切りを実際に試してみたり、店内に作られた畑で耕運機を動かしてみたり、と体験できるものがたくさんあります。
その中でもおもしろいのは、トイレットペーパーの体験。実際に触れてみることで高い商品の良さが実感でき、より高い商品が売れるそうです。
http://www.hc-musashi.jp/

いない(鳥取県) : 刃物の品揃えにこだわり
160609_inai
包丁なら一般家庭用から業務用、さらにスイカ専用包丁なんて珍しいものまで揃います。普通のホームセンターでは手に入らない包丁界のベンツ「正本」まで販売。
もとは刃物屋だったことから刃物にこだわっているそうです。
さらに、熟練の職人による刃物研ぎサービスも大人気。徹底してこだわってますね。

ジョイフル本田(茨城県) : 広大な売り場で圧倒的な品揃え
160609_joyfulhonda
地元のホームセンター、ジョイフル本田
。ニューポートひたちなか店が紹介されました。
その最大の特徴は、広大な売り場と充実した品揃え。ドアノブから仏壇まで、ジョイフル本田なら「欲しいものが見つかる」と遠方から時間をかけて来る方もいます。
たしかに、駐車場も店内も広い! 商品の種類も豊富で、見ているだけで飽きません。 
https://www.joyfulhonda.com/

プラント(福井県) : 徹底的なコストカットと年配者への手厚いサービス
160609_plant
ホームセンターとスーパーが合体した店舗形態です。工具と刺身を一括で会計できるなんて、他のホームセンターでは聞いたことありません。
最大の特徴は、商品が激安だということ。
陳列カゴに投げ込むだけの陳列方法「投げ込み陳列」にして従業員の手間を省いています。また、天井は化粧板なしにするなど、徹底的にコストカットをして激安を実現しています。
その一方で、年配の方には手厚いサービスを提供。店舗の中にサロンを作り、飲料をタダで提供したり習字教室を開催したりして毎日来店してもらうようにしています。
http://www.plant-co.jp/


この中でも、ホームセンタームサシの「体験できる」売り場ってのは興味深いです。
目視検査支援機Neoviewも実際に現場で使って効果を確認してもらえるように、デモ機貸出しを行っています。
今日もデモ機の回収で営業担当が客先に行っています。 
目視検査の品質・効率アップに興味のある方は、お問い合わせください。 
 

  クリックして応援をお願いします!

hunure_12 itizure_01 buhinware_01
これまで目視検査支援機Neoviewで実際に発見された不良の事例をご紹介してきました。
そのまとめです。

はんだブリッジ
部品不良
部品欠け
部品立ち
部品飛び・はさまり
部品割れ
逆付け
はんだボール
はんだ過少
はんだ過多
フヌレ(不濡れ)
異物付着
位置ずれ
欠品
未はんだ
浮き・傾き
リード浮き・曲がり
裏返り
横倒れ
その他

自動外観検査機(AOI)とNeoviewを併用することで、このように多くの不良を検出することができます。
デモ機の貸し出しもしていますので、これらの不良でお悩みの方はぜひお問い合わせください。 


  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoviewで実際に発見された不良の事例をご紹介します。

その他
sonota_01sonota_02
sonota_03sonota_04
sonota_05sonota_06


  クリックして応援をお願いします!

160601_OS-2_W4
出典:Wikipedia

OS/2
(オーエス・ツー)、この名に反応する人はかなりマニアックな方ですね。
OS/2は、MS-DOSやPC-DOSの後継として、IBMとMicrosoftが共同開発したPC用のオペレーティングシステムです。
最初のOS/2がリリースされてから30年弱、OS/2の最新ディストリビューションとなる「ArcaOS 5.0」が2016年の第4四半期に登場します。

バージョンがいきなり5.0から始まってますね。これは、最後にリリースされたOS/2 Warp 4のバージョンが「4.52」だったことから来ているようです。
OS/2のバージョン1.0がリリースされたのは1987年4月1日。その後、MicrosoftはWindowsにシフトするため開発から離脱。IBM単独で開発が続けられ、2006年12月末にメンテナンス停止となりました。
ということで、このたび10年越しの復活を果たします。

OS/2で思い出すのは、目視検査支援機Neoviewの海外営業を始めた16年以上前のこと。台湾のEMSメーカーに売り込みをかけたときのことです。
その当時、台湾で主力のAOIメーカーは、アメリカのTeradyne社とイスラエルのOrbotech社。この2社のAOIに繋げられないと販売台数を増やすことはできません。
さっそくOrbotech社のAOI、Trion-2340の情報を集めたところ、なんとOS/2 Warp 4が使われていたのです。慌ててOS/2を入手してテスト環境を構築! 無事にTrion-2340とNeoviewのAOI-Linkを開発することができました。
ArcaOS 5.0がリリースされたら、昔を思い出しながら使ってみたいものです。


  クリックして応援をお願いします!

目視検査支援機Neoviewで実際に発見された不良の事例をご紹介します。

横倒れ
yokodaore_01yokodaore_02
yokodaore_03


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ