0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

Google signs agreement with HTC
出典:Google

Googleは、同社のスマートフォン「Pixel」の開発に携わった台湾HTCの開発部門を一部買収することで合意したと発表しました。その額は11億ドル(約1200億円)。
「Pixel」開発に携わってきた2000人ほどのエンジニアはGoogleに移籍。今後、Googleは、ハードウェアの開発を加速させていく方針です。

この発表の前に、台湾証券取引所(TWSE)は、HTCの株式取引を現地時間9月21日から停止すると発表していました。同社の重要な情報のリリース後に取引の再開をする予定とのこと。

Press Release   Taiwan Stock Exchange Corporation
出典:TWSE

Googleによる買収が正式に発表されたため、HTCが取引の再開を申請することになります。その後の株価の動きがまたニュースで飛び交うことになるでしょう。


  クリックして応援をお願いします!

image01
出典:日立ソリューションズ

日立ソリューションズは、トヨタ自動車の元町工場に「GeoMation 屋内位置把握ソリューション」を導入し、2017年4月に稼働を開始したと発表しました。

トヨタ自動車の上位モデル「クラウン」などを生産する元町工場で車軸ユニットを製造する機械部では、各工程間の部品運搬に無人搬送車(以下、AGV)を導入しています。しかし、作業員の目が届かない箇所での渋滞や脱線による異常停止トラブルを速やかに発見できず、停止したAGVの復旧作業や、AGV停止中の人手による代替運搬作業にかかる工数の増加が課題となっていました。 

今回稼働したソリューションでは、IoTタグおよびIoTルーターをAGVと移動経路に設置することでAGVの位置を検知し、それを工場図面に示して大型モニタ上で可視化。AGVが異常停止すると色と音で警告を出します。これにより、現場の作業員が速やかにAGVの異常停止とその位置を把握できるようになり、停止したAGVの復旧作業にかかる工数を50%削減しました。
今後、トヨタ自動車では、同ソリューションのログファイルを解析し、効率の良い搬送ルートを検討するとともに、トヨタグループの海外工場や関係会社と情報を共有するなど、さらなる進化をめざします。




  クリックして応援をお願いします!

Advantech
出典:アドバンテック

2017年9月20日、産業用コンピュータ世界トップシェアのアドバンテックは、大手技術商社のマクニカ クラビス カンパニーと、国内で販売するアドバンテックの産業用コンピュータ製品を今後拡大する契約を締結したことを発表しました。
これまで、マクニカクラビスカンパニーは、アドバンテックの組込用SoCボード(DSPボードおよびARM SoCボード)販売に特化していましたが、x86組込ボードコンピュータおよびファンレスコンピュータ、また、ビデオ・ソリューション製品を新たに販売を開始します。
今回のチャネルパートナー契約は、日本におけるさらなる市場拡大を目指すアドバンテックと、高い技術力、それを裏付ける企業体制を持つマクニカクラビスカンパニーの間で製品販売を強化したいという狙いが合致して合意に至ったものとのこと。

目視検査支援機Neoviewの一部の機種では、アドバンテックの産業用コンピュータを組み込んでいます。民生用PCとの違いは、なんといっても長期安定供給。民生用PCのように半年で新機種に切り替わることもありませんので、開発現場としてはなにかと安心です。
もちろん、長期運用にも耐えられる高品質・高性能なのも魅力ですね。


  クリックして応援をお願いします!

pic_001
出典:ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、薬効を評価する試験工程の一部を担う細胞(塊)のピッキング&イメージングシステム「CELL HANDLER(セルハンドラー)」を新たに開発しました。第1号機を2017年8月31日に福島県立医科大学へ納入済みです。
CELL HANDLERは、手動では困難であった速度と精度で目的の細胞を選択、高密度培養プレートへ、一つずつ移動するとともに撮像、画像情報を取得・データ化します。

pic_002
出典:ヤマハ発動機

この装置には、ヤマハ発動機が培ってきた表面実装機の超高速・高精度なピック&プレース技術が応用されています。チップ部品よりも微細で壊れやすい細胞に合わせて新開発した吸引吐出技術や撮像・画像処理技術を搭載。併せて、専用の使い捨て可能なチップと容器も独自に開発しました。
今後はハードの提供に合わせて関連サービスの充実を図り、新薬の研究開発や個別化医療などに貢献する考えです。

電子機器で使われるチップが微細化しているとはいえ、細胞とは比べ物にならないくらい大きいはず。今回の技術が表面実装機にフィードバックされることで、さらに表面実装機が進化することになるのでしょう。


  クリックして応援をお願いします!

0919_1a
出典:リコー

2017年9月19日、リコーとAZAPAは共同で、国家戦略特区である秋田県仙北市で自動運転の実証実験を10月に開始すると発表しました。
実証実験では、公道走行における技術的な課題や、雪国での実用化、交通インフラ環境との協調性、法整備などの具体的な実用化への課題の洗い出しを行います。
両社の担当するテーマは
  • リコー
    ステレオカメラなどを用いた全方位画像センシング技術、および人の認知・判断・行動の高度解析
  • AZAPA
    自動運転における経路生成〜回避行動の自動運転制御、および搭乗者の感性に関する制御技術

0919_1b
出典:リコー

両社で技術融合した車両を用いて、自動運転における課題抽出と新たな技術的解決を図ります。
今回、市内のあきた芸術村の協力のもと、駐車場~周辺の公道走行に加え、駐車場での全自動駐車、来場者の行動を認識・分析するIoTと制御の協調など、今後の自動運転の可能性を広げるための実証実験も積極的に行います。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ