0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

main_ysm20r
出典:ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は、幅広い生産形態に柔軟かつ効率良く対応可能な汎用性とクラス世界最速(最適条件時)の95,000CPHの搭載能力を両立した万能型表面実装機の新製品「Z:LEX(ジーレックス) YSM20R」を2018年4月1日から発売します。
YSM20Rは、1種類のヘッドで超小型チップ部品から大型部品まで対応できる「1ヘッドソリューション」をコンセプトとしています。高い生産性に加え、多様な部品への対応力、段取り作業性にも優れた「Z:LEX」シリーズの主力モデル「YSM20」の生産能力をさらに高め、同シリーズの上級モデルとして競争力強化を図ったハイエンド高効率モジュラーです。

今回、XY軸の高速化や吸着から装着への動作を見直し、「YSM20」比で約5%の高速化を実現。また、ヘッドのワイドスキャンカメラの性能を向上させ、高速搭載の対応部品サイズを□8mmから□12mmへと拡大し、実生産性を向上しました。さらに、独自技術による新型ALF(Auto Loading Feeder)や無停止パレット交換ATS(Auto Tray Sequencer)「sATS30NS」、ノンストップフィーダー一括交換システム(いずれもオプション)により、コストや時間のロスを省きマシン稼働率をさらに向上しています。

なお、「Z:LEX YSM20R」は、1月17日〜19日まで東京ビッグサイトで行なわれるエレクトロニクス製造・実装技術展「第47回 インターネプコン ジャパン」に展示されます。

関連リンク
Z:LEX(ジーレックス) YSM20R - 電子部品実装関連機器・マウンター | ヤマハ発動機株式会社


  クリックして応援をお願いします!

自動ブレーキ_free_01

国土交通省は、普及が進む自動ブレーキ機能を評価する新たな基準を2018年度から導入します。
新たに導入される基準では、停車している車などの障害物に対する衝突回避や衝撃軽減などを軸に策定されるとのこと。
自動ブレーキの性能はメーカーや車種によってさまざまであるため、国が「お墨付き」を与えることでさらに普及を促進したい考えです。


  クリックして応援をお願いします!


経済産業省は、製造業で相次いだデータ改ざんの再発防止策のひとつとして、工業標準化法(JIS法)に企業が違反した場合の罰則を強化し、罰金を最大1億円に引き上げる方針です。
JIS認証を不正に利用した場合、現行法では「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科されます。これを100倍に引き上げるわけです。

たしかに現行法の罰金は低すぎますね。これが100倍になれば多少の抑止力にはなるでしょう。
しかし、たび重なるデータ改ざんには、もっと根深い問題を感じます。さらに根本的な再発防止策が求められます。


  クリックして応援をお願いします!


TechCrunchによると、ボーイングは、500ポンド(227kg)の貨物を搭載できるドローンを開発しているそうです。その大きさは4.6m × 5.5m × 1.2mもあり、重量は340kg。



227kgも搭載できるとなると、地上に配置された配送拠点間をドローンで中継輸送することができるでしょう。将来的には、陸上輸送による時間的ロスを減らす手段となりそうです。


  クリックして応援をお願いします!

10b
出典:富士通

富士通は、仮想ネットワークから従来技術の約7倍となる10Gbpsの速さで通信データを欠損なく収集する技術を世界で初めて開発しました。さらに、仮想・物理ネットワークを含む大規模かつ広範囲なネットワークの通信データを合わせて分析可能にするため、仮想・物理ネットワーク双方から合計100Gbpsまでの通信データを欠損なく汎用PCサーバー上に蓄積する技術も開発しました。
これらの技術を活用することで、仮想・物理ネットワークの双方で構成される組織内部のネットワークを正確かつ俯瞰的に監視することが可能になります。
同社は、これらの技術を実装した製品を2018年度上期に提供する予定です。

関連リンク
ネットワークの通信データを欠損なく収集・蓄積する技術を開発 : 富士通


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ