0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

Japan New Era Name Support Blog
出典:日本マイクロソフト

2017年9月7日、日本マイクロソフトは、新元号(和暦)対応に関するサポート情報ブログを開設しました。ブログの名称は「Japan New Era Name Support Blog」。
周知のとおり、2019年1月1日もしくは2019年4月1日に新元号に改元される予定です。今回の改元は日本全体、そしてIT業界全体にとって大きなインパクトのある出来事になります。
そのため同社は、日本政府や各種団体などとの協働を通して対応にあたっており、新元号対応のために必要な各種情報をサポート情報ブログで逐次発信するとしています。

関連リンク
Japan New Era Name Support Blog – 日本マイクロソフトの新元号 (和暦) 対応に関するサポート情報のブログです


  クリックして応援をお願いします!

バックアップと同期のダウンロード
出典:Google

Googleは、「Googleドライブ」のMac・Windows向けアプリのサポートを12月11日に終了すると発表しました。併せて、サービスそのものも2018年3月12日に終了します。
それに伴い、今年7月に公開した「バックアップと同期(Backup and Sync)」への移行を推奨しています。

バックアップと同期では、GoogleドライブとGoogleフォトが統合されました。
同アプリをインストールすると、PCにGoogleドライブ用フォルダが作られ、クラウド上のGoogleドライブと自動的に同期されます。

20170908101555

念のため書いておきますが、Googleドライブのサービス自体が終了するわけではありません。
あくまでも、Googleドライブ用アプリだけの話です。ということで、「バックアップと同期」に移行すれば、デークラウドのデータをそのまま移行できます。

関連リンク
Googleドライブ用アプリ「Backup and Sync」をインストール
バックアップと同期のダウンロード - 無料のクラウド ストレージ


  クリックして応援をお願いします!

20170908081820
出典:NASA

2017年9月7日、米航空宇宙局(NASA)は、太陽の表面で起こる爆発現象「太陽フレア」を2回観測したと発表しました。
2回の爆発の規模はともに最大級で、2回目は通常の1000倍以上という規模。人体への影響はありませんが、フレアによって発生した放射線や高エネルギー粒子が日本時間9月8日(金)15時から24時ごろにかけて地球周辺に到達します。その影響で、通信機器やGPS、送電線などにも影響を与える恐れがあります。

最大級の太陽フレアが2回も発生したとなると、その影響がどのような形で現れるのか見当がつきません。人工衛星や短波通信を業務で使っている企業は、神経をとがらせていることでしょう。

220px-Flare_and_after-flare_prominence
出典:Wikipedia

関連リンク
NASA
プレスリリース | 通常の1000倍の大型太陽フレアを観測 | NICT-情報通信研究機構


  クリックして応援をお願いします!

Mizuno_MAQ
出典:ミズノ

ミズノは、野球ボールの回転を解析するシステム「MAQ(マキュー)」を開発しました。2018年春に発売予定です。想定価格は、ボール本体が19,800円、充電器が15,000円。

このシステムは、専用センサーを内蔵したボールを投げることで、投げたボールの回転数や回転軸、速度などを記録、計測し、分析することができます。これらのデータにより、「伸びのあるストレート」や「切れのある変化球」と呼ばれるような投手の球質を可視化することで、精度を高めた練習をサポートします。

20170906103246
出典:ミズノ

ボールの中心部に専用センサーを内蔵しています。硬式球と同じ質量、バランス、材質となっており、投球時の違和感はありません。
センサーには、高感度と高速応答をあわせもち、毎秒50回転まで追従可能な愛知製鋼社の高感度磁気センサー「MIセンサ」を採用。日立マクセルのコイン形リチウム二次電池を内蔵しており、ワイヤレス充電器に置くだけでくり返し使用が可能です。

20170906103541
出典:ミズノ

日々の投球確認はもちろんのこと、ひとつのMAQボールで複数人のデータ管理もできるようになっています。

野球のボールもIoT化ですね。投手の投げる球を「重い」「軽い」「伸び」「切れ」などで表現することがあります。言葉の雰囲気はわかるのですが、具体的に何がどうなっているのかは正直いってわかりません。
MAQボールがあれば、回転数や回転方向などのデータとして表現できるようになるわけです。監督やコーチによる指導の仕方も変わってくるかもしれません。


  クリックして応援をお願いします!


天体観測衛星「ひとみ」の機体制御を失敗した件に関して、NECはJAXA(宇宙航空研究開発機構)に5億円を支払うことになりました。

この衛星は、宇宙で機体が異常な回転を起こし、遠心力でバラバラに壊れたと見られています。
その失敗の原因の1つは、衛星のエンジンを制御するパラメータで「」と「」の設定を間違えたというもの。

パラメータの+と-を間違えるってのは、座標系を処理するときにけっこうあるミスです。目視検査支援機Neoviewの開発時に同じようなミスをして、あさっての方向にロボットが移動したことがあります。そういうミスは、テストで見つけて潰していくのが当たり前。
再発防止が徹底されることが望まれます。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ