0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

IBM TO ACQUIRE RED HAT-s
出典:redhat

2018年10月28日(米国時間)、IBMは、Red Hatを340億ドル(約3兆8000億円)で買収することで合意したと発表しました。IBMによる買収としては、過去最大規模です。
IBMは、今回の買収によってクラウド事業の取得し、エンタプープライズ向けのコンピューティング市場で競争力を強化したい考え。法的な問題がクリアされれば、買収は2019年後半に完了する見込みです。

関連リンク
IBM TO ACQUIRE RED HAT, COMPLETELY CHANGING THE CLOUD LANDSCAPE AND BECOMING WORLD’S #1 HYBRID CLOUD PROVIDER
Important Additional Information and Where to Find It


  クリックして応援をお願いします!

LL_img_168977_1
出典:QDレーザ

QDレーザは、網膜走査型レーザアイウェア「RETISSA Display」の店舗および代理店での個人向け受注を2018年10月25日より開始しました。アスキーストアでの販売価格は、645,840円(税込)。

RETISSA Displayは、三原色レーザ光源からの微弱な光と高速振動する微小な鏡(MEMSミラー)を組み合わせ、網膜上に映像を描き出す特許技術「VISIRIUMテクノロジ」を採用したヘッドマウントディスプレイです。眼鏡型のフレームに内蔵された超小型プロジェクタから、片眼の視野中心部(水平視野角約26度、アスペクト比16:9)に、HDMI端子で接続できる機器からのデジタル映像を網膜に直接投影することができます。原理上、装着者の視力(ピント調節機能)やピント位置に影響を受けにくく、また背景と投影映像のピントずれがない新たなAR(拡張現実)体験が可能です。

figure_visirium-pc
出典:QDレーザ

2018年10月25日より、この製品の店頭受注を全国30拠点で開始。各店舗にはデモ機を設置おり、購入前に体験することができます。なお、商品のお引渡しは12月以降となる見込み。

att_168977_1-s
出典:QDレーザ




  クリックして応援をお願いします!

postk_pi
出典:理化学研究所

政府の総合科学技術・イノベーション会議の専門部会は、次世代スーパーコンピュータ(ポスト京)の製造に入ることを了承しました。2021年にも稼働を始める予定。

文部科学省や理化学研究所が開発中のポスト京は、その名のとおり、京の後継機です。
京の100倍の計算性能を目指とともに、省エネ性能やソフトウェアの汎用性などを持たせることが開発目標とされています。強力な計算能力を活かしてシミュレーションを行うことによって、新薬の開発スピードを向上したり、天気予報の精度アップなどが期待されます。



関連リンク
ポスト「京」について | 理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)


  クリックして応援をお願いします!

電子カルテ-s

NHKによると、奈良県宇陀市の市立病院で電子カルテのシステムがコンピューターウイルスに感染し、診療記録の一部が参照できなくなりました。個人情報の流出はないとのこと。

10月16日、電子カルテのシステムがコンピュータウイルスに感染していることをシステム会社が確認。システムを停止させて対応を行い、2日後に復旧しました。しかし、10月1日 ~ 15日に作成した電子カルテのうち、患者 1,100人ほどのデータが暗号化されて開けなくなったそうです。
このシステムは10月1日に導入したばかりのもので、最新のウイルス対策ソフトが導入されていなかった模様。また、バックアップも取られていなかったとのこと。



ファイルが暗号化されたということから推測すると、ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)でしょうか。
病院側の報道資料では、ウイルス対策ソフトとバックアップの問題はシステム会社の不備だとしています。一歩間違えば人命にかかわる事案なので、これを機会に病院側でのセキュリティ体制も徹底して見直してほしいものです。






  クリックして応援をお願いします!

20181024101128-s
出典:Google

Googleのニュースアプリ「Google ニュース」のAndroid版に大きなバグが見つかりました。ユーザーの操作とは関係なく大量の通信を行ってしまうというバグです。
これを報告したユーザによると、Google  ニュースが一晩で7.65GBものバックグラウンドデータを使用したとのこと。このユーザは、日本国内でGalaxy 8+を使っているJordanさんだそうです。ちなみに、Android 8.0です。

Screenshot_20180901-082833_SettingsScreenshot_20180901-082859_Settings
出典:Google

同様の事例は数多く報告されており、1時間未満で1.6GBもバックグラウンドデータを使われたユーザも。
今風にいうと、ギガが奪われてしまいますので、Google ニュースをインストールしている方はデータ通信量をチェックすることをおススメします。私はサクッと削除しちゃいました。

Screenshot_2018-10-24-13-05-59-s

関連リンク
Google News used 7.65GB of background data overnight - Google プロダクト フォーラム


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ