0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

夏_free_01

7月19日 11:00、気象庁は、中国・近畿・東海・関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。平年とくらべて2日早い梅雨明けです。
梅雨の期間中の降水量は、多くの地域で平年を下回る結果に。水戸では、124.0mmの降水量となっており、平年比で57.9%です。水不足が心配ですね。

この時期は熱中症に注意しないといけません。熱中症は、毎年7月から8月に多く発生し、特に梅雨明けの蒸し暑く、急に暑くなる7月には、体が暑さに慣れていないため、例年熱中症による救急搬送者数や死亡者数が急増しています。
私たちの体は、血管を広げて外気に体内の熱を放射したり、汗をかいて蒸発させたりして体温の急激な上昇を防いでいます。しかし、気温が高いと体内の熱は放散されず、湿度が高いと汗は蒸発しません。
熱中症は、周りの温度に体が対応することができず、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かないなどが原因で起こります。

と、このあたりのことは衛生管理者試験にも出てきますね。
第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。


関連リンク
総務省消防庁:熱中症情報


  クリックして応援をお願いします!


ミニマンボウ、がんばれ!



関連記事
東芝とIRID、福島第一原発3号機の調査ロボット「ミニマンボウ」を開発


  クリックして応援をお願いします!

index_pic_01
出典:自動運転バス調査委員会

2017年7月18日、自動運転バスの実用化を目指す産学の連携団体「自動運転バス調査委員会」は、自動運転バスの実証実験を東京都港区の芝公園で開始しました。
使われる自動運転バスは、フランスのNavyaが設計・開発した電気自動車「NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)」。同調査委員会に参画しているSBドライブがこのバスを提供しています。

23日まで実施する実証実験では、一般の方も試乗が可能。詳細については、同調査委員会のFacebookページにアクセスしてください。

www.facebook.com/pg/autonomous.bus
19989756_1403356906422519_2475758074596448418_n
出典:自動運転バス調査委員会




  クリックして応援をお願いします!

RansomFree by Cybereason
出典:サイバーリーズン・ジャパン

2017年7月18日、サイバーリーズン・ジャパンは、個人・中小企業向けのランサムウェア対策ツール「RansomFree(ランサムフリー)」日本語版の無償提供を開始しました。
同社によると、RansomFreeは、WannaCryを含む99%のランサムウェアを阻止、除去できるとのこと。対応するOSは、Windows 7、8、10、2008 R2、2012 R2。

RansomFree_Warning
出典:サイバーリーズン・ジャパン

RansomFreeでは、振る舞い検知とDeception(おとり)技術を使っているため、既存のランサムウェアはもちろん、ウイルス対策ソフトが防げない未知のランサムウェアにも対応することが可能。
CPUリソースをほとんど使用しないため、PCのパフォーマンスに影響を与えません。また、他のウイルス対策ソフトやセキュリティソフトと一緒にインストールしても問題ありません。



関連リンク
サイバーリーズン・ジャパン:RansomFree


  クリックして応援をお願いします!

ASTROSCALE_
出典:アストロスケール

2017年7月14日、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の除去を行うベンチャー企業「アストロスケール」は、ANAホールディングスや産業革新機構などから約28億円の出資を受けたと発表しました。
アストロスケールは、スペースデブリを観測する衛星を世界で初めて打ち上げ、壊れた人工衛星などをセンサーで検出することを計画。また、その後に打ち上げる衛星で、壊れた人工衛星を磁力で引き寄せて回収し、一緒に大気圏に突入して焼却します。

宇宙開発をスタートして以降、宇宙空間には人工衛星やロケットの破片であるスペースデブリが多数発生し、地球周回軌道を回っています。これらのゴミは低軌道では秒速7km以上と非常に高速で運動しているため、人工衛星や宇宙ステーションに衝突すると大変な被害をもたらします。

アストロスケールは調達した資金をスペースデブリを除去する衛星の量産化などに活用し、2020年までに事業化する方針です。



関連リンク
アストロスケール
アストロスケール社について


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ