0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

001190519
出典:国土交通省

国土交通省は、航空機の預け入れ荷物のルールを2017年7月1日から変更します。
リチウムイオン電池を内蔵した携帯型電子機器を預け入れ荷物とする場合、電源を完全に切る必要があります。また、偶発的に電子機器の電源が入るなどのトラブルを防止するために、電子機器を衣類で保護するなどの措置も必要です。
なお、リチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーは、これまでどおり貨物室に預けることはできません。

海外出張などでは、携帯型電子機器を持っていくことが多くなります。
PCやスマホ、タブレットなどは手荷物で持ち込むことになるでしょう。と、ここで注意したいのは、国土交通省の資料にも描かれている「シェーバー」などです。見落としがちですので、事前にバッテリーの種類を確認しておきましょう。


  クリックして応援をお願いします!

ACJ319_Infinito_cabin_Conference_and_Dining
出典:Airbus

おしゃれなカフェ? いえ、これはプライベートジェットのキャビンです。
欧州の航空機メーカー Airbusは、プライベートジェット ACJ319neoの天井に大型ディスプレイを取り付けたキャビン「Infinito」を発表しました。
機外で撮影された空の画像をディスプレイに表示することで、まるでガラス張りのような空間を演出。狭い機内でも開放感を感じることができます。

ACJ319_Infinito_cabin_cinema

出典:Airbus

このディスプレイ、上空の映像を映すためだけに搭載されているわけではありません。ほかの映像を流すこともできますので、使い方はアイデア次第ということです。
さすがプライベートジェットという感じ。乗客定員 8人だけが感じられる開放感ですね。

関連リンク
Airbus:Airbus Corporate Jets and Pagani announce Infinito cabin


  クリックして応援をお願いします!

世界とつながる「未来の窓」  YKK AP
出典:YKK AP

スマートメーターやスマート家電など、身の回りのものがどんどんスマート化されています。
そんな中、YKK APは、ディスプレイ機能を搭載したスマート窓「Window with Intelligence」のプロトタイプを発表しました。YKK APショールーム新宿 特設ギャラリーで、2017年7月1日から一般公開されます。

YKK APは、未来の窓を考えてカタチにする「未来窓」プロジェクトを2016年4月にスタート。そのプロジェクトで生み出されたのがWindow with Intelligenceです。
Window with Intelligenceは、「窓が情報を持ったなら。」という想定のもと、毎日の暮らしが便利になる窓として将来の実用化を見据えて開発されています。
透明有機ELを樹脂製窓フレームに組み込むことで、窓の基本性能を保ちながら、天気や室内環境を元に窓を開閉させて換気を自動調整したり、遠く離れた人との対話やお絵かき・メモを残したりするなど、7つの基本機能を搭載。

20170629110525
出典:YKK AP

YKK APによると、3年後の商用化を目指して挑戦しているそうです。
ということは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで使われる関連施設への設置を目指しているのでしょうか。

まるでSF映画の一場面のよう。こういう製品が出てくると、テレビやPC、スマホなどの機器が生活環境に融合されていく未来が感じられます。


関連リンク
YKK AP ニュースリリース
Window with Intelligence特設サイト


  クリックして応援をお願いします!

Amazon Dash Button
出典:Amazon

ボタンをぽちっと押すだけで日用品をAmazonで注文ができる「Amazon Dash Button」。このたび74種類の新ブランドが追加され、対応する商品が100種類を超えました。

さっそく、どんなボタンがあるか見てみました。まず興味があるのは…

これは危険なボタンですね。酔っぱらった状態で何度もぽちっと押してしまいそう。

酒のつまみもボタンひとつで注文できます。


こりゃ便利ですね。
ただし、注意しなければならないのは、注文するときの個数。酒であれば、250mlか500mlが1ケース 24缶単位の注文となります。まぁこれはいいでしょう。
柿の種だと、6袋詰 200gが12袋なんて注文になります。合計で72袋の柿の種は、さすがに飽きてきちゃいそうです。

関連リンク
Amazon Dash Button


  クリックして応援をお願いします!

170629_HUAWEI
出典:華為技術有限公司

日本経済新聞によると、中国・深圳に本社を置く通信機器メーカー 華為技術有限公司(HUAWEI)は、早ければ年内にも日本に工場を新設し、ルーターなどの通信機器や関連製品の量産を開始します。
新工場には、千葉県船橋市にあるDMG森精機の工場跡地と建屋を転用するとのこと。

華為は、2005年に日本法人 華為技術日本株式会社(通称:ファーウェイ・ジャパン)を設立。日本人と中国人の技術者が在籍しており、日本国内での通信機器認証や研究開発業務にあたっています。今回の工場新設によって、その業務が生産にまで拡げられるわけです。
日本での生産に踏み出す背景にあるのは…
  • 中国の人件費高騰
    日本との人件費の差が縮まり、中国生産のメリットが少なくなった。
  • 日本市場での供給力アップ
    大手通信会社が高速通信網の整備を急いでいることにより、日本国内での販売が伸びている。
これは、日本市場をターゲットとした現地生産ということになります。日本の企業が海外市場をターゲットにして現地生産を行っているのと同様です。
日本企業がこぞって中国生産にシフトした時期があったように、華為による工場新設を皮切りにして中国企業による日本生産の流れが形成されるのか、今後の動向に注目です。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ