0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

160415_VAIO
日本経済新聞によると、VAIO・富士通・東芝のPC事業を統合する交渉が頓挫する公算が大きいそうです。
関係者によると、統合後の成長戦略が描けておらず、各社が持つPC生産工場のどこを廃止にするか議論がまとまっていないとのこと。交渉期限としていた3月末までに日本産業パートナーズ(VAIOの筆頭株主)・富士通・東芝が合意に至らなかったそうです。

4月15日、一部報道について2社がのコメントをしました。
  • 東芝
    「PC事業については他社との事業再編も視野にあらゆる可能性を検討しているが、現時点で決まっていることはない」
  • 富士通
    「PC事業については様々な可能性を検討しているが、決定しているものはない」
これまで富士通と東芝のノートPCは数台使ってきました。先日も東芝のR822を修理してもらったところです。
これからも各社がPC事業で活躍されることを期待しています。

 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

060415_kumamotojisin1
出典:産経フォト

熊本地震に伴い、4月15日(金) 12時現在、熊本県内で約11,400戸が停電しています。九州電力は今日中の復旧を目指しているそうです。
阪神淡路大震災では「通電火災」と呼ばれる、電気が復旧したときに起きる火災が相次ぎました。
家を離れるときは、コンセントを抜くブレーカーを切るなどの対策をしましょう。とくに、暖房器具や電気ポットなど、発熱する電化製品は要注意です。
ただし、安全が第一です。余震も続いていますので、無理をしないように注意してください。

 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

160415_kumamoto
出典:産経新聞
 

熊本県熊本地方で14日21時26分ごろに発生した震度7の地震、15日朝までに9人の死亡、少なくとも935人の負傷者が確認されているようです。
余震は活発な状態が続いています。今後1週間ほどは震度6弱程度の地震が発生する恐れがあるようですので、建物の倒壊や道路の陥没などに注意してください。
また、地震で地盤が弱くなっているおそれがあります。明日から明後日にかけて雨が降る可能性がありますので、土砂災害にも注意してください。

5年前の悪夢が頭をよぎります。
一刻も早くすべての方々の救出活動、安全確保がなされることを祈ります。
この地震に関する情報はTwitterにリツイートします。でフォローしてください。


 をクリックお願いします。励みになります! 
  クリックして応援をお願いします!

4月14日、シャープはロボット型のスマートフォン「RoBoHoN(ロボホン)」を5月26日から販売すると発表しました。この商品は、鴻海精密工業の傘下で発表した初めての商品。
ネットでも「かわいい」という評価と「目の付け所がシャープ過ぎて斜め上」という当惑の声が飛び交っているようです。
160414_robohon

出典:シャープ

と、ニュースは簡単に済ませましょう。
もちろん、鴻海精密工業の傘下に入る前から開発していたのはわかります。そりゃ、わかりますけど、第一弾の商品がロボット型スマートフォンとは、目の付け所が…
とはいえ、このスマホ、歩いたりコミュニケーションをとったりと、情報通信端末の新コンセプトであることは間違いありません。
ここまできたら、中国Xiaomiのタブレットのようにロボットに変形ししちゃってください!
160414_Xiaomi_Tablet
出典:gizmodo

 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

160413_miura
出典:フランク三浦
フランク・ミュラーといえば、スイスの高級時計。
この「フランク・ミュラー」という商標に関する裁判がありました。問題の商標は「フランク三浦」。パクリと言っていいのか、パロディーと言っていいのか…

朝日新聞の記事によると、「フランク三浦」を商標登録した会社が勝訴し、特許庁で一旦は取り消された「フランク三浦」の商標を正式に認める判決が下りました。
話が少しややこしいので整理します。流れは

フランク・ミュラー : 「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」と主張し裁判を起こす。
   Arrow_0213
特許庁 : フランク・ミュラーの申立てを認め、「フランク三浦」の商標登録を取り消し
   Arrow_0213
フランク三浦 : 判決を不服とし、裁判を起こす。
   Arrow_0213
知財高裁 : 特許庁の判断を取り消し。「イメージや外見が大きく違う」として、「フランク三浦」の商標を正式に認める判決。

知財高裁での判決では「呼称は似ているが、外観で明確に区別できる」と指摘。「100万円を超える高級腕時計と4,000~6,000円程度の低価格商品を混同するとは到底考えられない」と述べたそうです。

今回の判決を考えてみると、商品を誤認混同するかどうかが問題だったといえます。商標法でいう「類似」というやつですね。高級腕時計と低価格商品を混同することはありえないため、商標権侵害は成立しないという判断でしょう。
今回の判決はあくまでも商標に関してです。商標に問題がないとしても、不正競争防止法などで問題が出るかもしれません。

まぁ、いずれにしても、どちらの時計もほしいと思えません…

 をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ