0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

171023a
出典:NTT

2017年10月23日、NTTは、同社が研究開発を行った秘密分散技術が、国際標準化機構(International Organization for Standardization、 以下ISO)が発行した秘密分散技術初の国際標準において、標準技術として採択されたと発表しました。
秘密分散技術の国際標準が確立したことにより、利用者は国際機関から認められた安心・安全な秘密分散方式を選択できるようになったとのこと。

今回発行されたISO標準では5つの秘密分散方式が採択されており、それぞれ安全性、容量効率、拡張性が異なります。5つの方式のうち1方式はNTTの独自方式であり、これは標準に採録された秘密分散方式の中で最も容量効率に優れるものだとしています。これを用いることにより、trust-ssやSHSSは高い容量効率を実現しています。

関連リンク
NTT HOME > NTT持株会社ニュースリリース > 秘密分散技術の初の国際標準にNTTの秘密分散技術が採択


  クリックして応援をお願いします!

20171023122820
出典:日清食品

日清食品が開発した“麺すすり音”カモフラージュ機能搭載フォーク「音彦」がクラウドファンディング中です。
麺をすすって美味しく食べたい人と、麺すすり音を不快に感じる人との間に生まれる軋轢、いわゆる「ヌードル・ハラスメント」問題を解決すべく開発されたこの製品。聞いたことのあるような名前から推測できるように、これはTOTOのトイレ用擬音装置「音姫」に着想を得ているそうです。

麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク『音彦』_01
出典:日清食品

フォークに搭載した高性能集音マイクが、どんなかすかな麺すすり音も逃さず感知。麺すすり音を感知すると、麺すすり音をカモフラージュする音がスマホからワイヤレス再生され、あなたに麺すすりの自由を生み出します。
さらに、麺すすり音をカモフラージュする音にも徹底したこだわりがあります。サウンド・プロデューサー清川進也氏がカモフラージュ音を監修・制作。麺すすり音をジェット音に近いと解釈し、近い種類の残響音をかぶせたこだわりのサウンド。まるで楽器を演奏しているかのように、麺をすすってください。
麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク『音彦』_02
出典:日清食品

予約受付期間は、2017年12月15日(金)正午まで。5,000個の予約注文が入った場合に販売となります。販売価格は¥14,800(税込)。


関連リンク
麺すすり音カモフラージュ機能搭載フォーク『音彦』|日清食品グループ オンラインストア


  クリックして応援をお願いします!

SMT_free_01

富士通は、電子部品・デバイス・電子回路製造業向けに、「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA Service SMT-Assist(エスエムティアシスト、以下、SMT-Assist)」を10月16日に販売しました。
「SMT-Assist」は、同社のノートパソコンを製造している島根富士通でプリント基板に電子部品のはんだ付けを行うSMTラインにおいて、マウンタに装着するリール状の電子部品の段取り替え作業を効率化する仕組みを活用。段取り替え業務の支援によって、30%程度の生産性向上を実現するものです。

photo01_tcm102-3337656
出典:富士通

SMT-Assistでは、電子部品のリール1巻ごとにバーコードでIDを付与し、入庫、ピッキング、マウンタへの取り付け、マウンタでの実装実績を設備側の情報と照らし合わせて収集します。これにより、リールの所在や在庫数を正確に把握することが可能。また、入荷から使用完了までリール部品の在庫管理を総合的かつ適切に行うことで、リール在庫の過不足を抑制し、コスト削減を実現します。


16-1a
出典:富士通

関連リンク
SMTラインの段取り替え作業の効率化を支援する「SMT-Assist」を販売開始 : 富士通
COLMINA Service SMT-Assist - Fujitsu Japan


  クリックして応援をお願いします!

20171020123101
出典:経済産業省

2017年10月19日、経済産業省は、宅配業務に使われるリヤカー付三輪電動アシスト自転車のアシスト力の上限を、現行の2倍から3倍に引き上げる改正道路交通法施行規則が10月末をめどに公布、施行されると発表しました。
今後、リヤカー付三輪電動アシスト自転車の市場拡大や女性や高齢者などの多様な人材の確保による配送業界における人手不足解消が期待されます。

これまで、電動アシスト自転車については、現行法令においてアシスト力の上限が2倍と定められています。 
ヤマト運輸とヤマハ発動機から産業競争力強化法に基づき、3倍のアシスト力を有するリヤカー付三輪電動アシスト自転車を配送事業に活用する新事業活動計画について国土交通省及び経済産業省に申請があり、政府として平成26年9月に認定を行いました。
その後、地形や気候などの利用条件が異なる全国の複数地域で3倍のアシスト力を有するリヤカー付三輪電動アシスト自転車による実証実験を実施。十分な実証結果が得られたことから、平成29年9月30日付けで実証事業を終了しました。

20171020123511
出典:経済産業省


関連リンク
リヤカー付三輪電動アシスト自転車のアシスト力が引き上がります~企業実証特例制度における実証結果を踏まえ、規制が緩和されます~(METI/経済産業省)


  クリックして応援をお願いします!


神戸製鋼所のデータ改ざん問題は根が深いですね。組織ぐるみの偽装を数十年も続けていたとか。日本のものづくりの根幹が揺さぶられる事態となっています。
同社製品の使用を控えて代替部品に切り替えたとしたら、そのユーザは二度と戻ってこないかもしれません。



  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ