0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

カテゴリ: News

160617_bmwi8mirrorless
出典:Joyride in the BMW i8 Mirrorless! – CES 2016

2016年6月17日、国土交通省は、自動車のバックミラーやサイドミラーの代わりに、カメラとモニターを備えた「ミラーレス車」の製造を18日に解禁すると発表しました。昨年11月に国連で採択された国際基準に沿った対応です。
国際基準に沿って保安基準が改正され、認証を得た新型車から公道での走行が可能になります。対象は乗用車やトラック、バスなど。バイクは除外されます。
 
イーロンマスクCEO率いるテスラ社では、2012年にミラーレス車「モデルX」を発表済み。BMWなどもミラーレス車を発表しています。
今回の保安基準の変更によって、国内の自動車メーカーによる開発の動きが加速することになります。

ミラーレス車に搭載されるカメラ、モニター、制御基板などには、非常に高い品質が求められます。「後ろが見えなくて事故を起こした!」では済みませんから。
それらの機器の品質保証に目視検査支援機Neoviewが活用される日はもうすぐです。

関連リンク
国土交通省 : 報道発表資料


  クリックして応援をお願いします!

160615_Raspberry_Pi
出典:vvigilante

Raspberry Piの製造メーカー Premier Farnellが6億1500万ポンド(約920億円)で買収されることになりました。
買収するのは、スイスの部品メーカー Daetwyler Holding AG。
両社は今後、製品構成や流通経路、事業所などを統合していく予定です。

ラズパイの製造メーカーが買収されるというニュースで少し焦りました。でも、スイスの部品メーカーが買収するということで一安心。


  クリックして応援をお願いします!

160616_LQP01HQ
出典:村田製作所

2016年6月16日、村田製作所は、0201サイズ(0.25×0.125mm)の高周波インダクタ「LQP01HQシリーズ」の量産を8月から開始すると発表しました。サンプル価格は5円/個。
LQP01HQシリーズは、超小型コイルを形成するための材料や加工技術を進化さ せ、0201サイズの量産化を実現しました。

スマートフォンなどのモバイル機器では、部品の小型化が多機能・高性能化のカギ。
今後、自動外観検査機(AOI)の最小検査サイズが0201となれば、今まで以上に過剰判定が多発するおそれがあります。
当社ではチップの微細化に対応すべく、目視検査支援機Neoviewの開発をさらに推し進めています。


  クリックして応援をお願いします!

160613_isiwata
出典:西日本新聞

熊本地震で被災した建物の解体作業において発がん性のあるアスベストが飛散するおそれがあるとして、環境省は被災地でのアスベスト調査を行うことを決めました。
これまで熊本県や熊本市による調査は行われており、さらに環境省も被災地で倒壊した建物などの周辺で今月中にもアスベストの濃度測定を行うそうです。
環境省は、調査結果がまとまりしだい公表することにしており、解体作業にかかわる作業員や周辺の住民に注意を呼びかけています。

アスベストは、天然の鉱石が繊維状に変形した鉱物です。別名、石綿ともいいます。
160412_asbestos_04
出典:Wikipedia

耐久性、耐熱性、電気絶縁性などに非常に優れ、安価であるため、建築材料、断熱材などに使われてきました。
160412_asbestos_01
出典:東京労働安全衛生センター

しかし、長期間にわたってアスベストの粉じんを吸い込むと、肺がんや中皮腫の誘因となることが指摘されるようになり、現在はその使用と製造が禁止されています。
一度吸い込んでしまったアスベストを体外に排出する方法はありません。しかも、アスベストが原因で発症する場合、吸入して数十年たってから発症するのです。
第一種衛生管理者試験の問題でも「記録を40年保存しなければならない」と書かれているほど。そのため、「静かな時限爆弾」と呼ばれるそうです。

地震の被災地でのアスベスト飛散に関しては、阪神・淡路大震災や東日本大震災でも複数の解体現場で基準を超える濃度のアスベストが確認されてました。震災から10年以上経過してから中皮腫を発症した作業員もおり、労災認定を受けています。

解体作業にかかわる作業員や周辺の住民の方々にアスベストによる健康被害が出ないよう、早急な対策な望まれます。
 
 



  クリックして応援をお願いします!

160613_cyuukan
出典:産経ニュース

産経ニュースは、これまで政治的にも経済的にも蜜月の関係であった韓国と中国において、経済面で異変が起きていると伝えました。
韓国企業による対中投資額は、この2年間で6割も激減。鍵を握るのは韓国最大の企業グループ、サムスングループです。
中国・新華社は、サムスン電子が今年、ベトナム工場でスマートフォンを2億台を生産する計画だと伝えました。サムスンのスマホ生産は年間3億台とされ、6割がベトナム産となる計算です。また、サムスンは、テレビや洗濯機、冷蔵庫などの工場をベトナム・ホーチミン市に建設中。
サムスンのベトナムシフトに反応するかのように、中国に進出してきたグループ企業や主要取引先も、中国からベトナムへのシフトがいっせいに始まっているそうです。
ベトナムへのシフトの理由は
  • 中国での人件費が高騰している
  • 技術情報などが中国メーカーに流出しているおそれがある
目視検査支援機Neoviewも新興国への納品先が増えています。
以前のように中国一辺倒ではなくなったことからも、日系企業における ものづくりの拠点が新興国へ急速にシフトしたと感じています。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ