0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:その他

NTTが疑似3D映像を空間に映し出す技術「Kirari!」を開発したそうです。
詳細は

スクリーンも何もない空間に、疑似3Dの人物をリアルタイム投影、NTTが超高臨場感視聴体験技術を開発

この技術、昨年あたりからYouTubeに動画がアップされていたようです。
 
スターウォーズに出てきたレイア姫のホログラム映像のようです。いや、それ以上かもしれません。

ついでに、ちょっと残念な動画が

この動画だけ見ると、映像なのか人なのか、正直いって判断がつきません。
それくらいリアルすぎるということでしょうか。
とにかくスゴイ技術ですので、東京オリンピックで注目されそうです。
プレスリリース:http://www.ntt.co.jp/news2016/1602/160216b.html
NTT R&Dフォーラム2016:https://labevent.ecl.ntt.co.jp/forum2016/info/
 
をクリックお願いします。励みになります!

  クリックして応援をお願いします!

2月12日、米国の調査チームが「重力波」を直接観測することに成功しました。
「重力波」については、かの有名な理論物理学者 アルベルト・アインシュタインがその存在を100年前に予言していたそうです。世界の研究者が必死で観測しようとしていたのですから、これが実証されれば物理学の歴史的な成果となります。
アインシュタイン

と、物理学の話より、興味があるのはカーナビにアインシュタインの相対性理論が応用されているという話。
カーナビやスマホで使われるGPSは、複数の人工衛星からの時刻を電波を受け取り、その微小な差を使って場所を測定します。人工衛星は宇宙という特殊な環境で高速移動しているため、徐々に地表の時計と差異が生じます。その結果、GPSで割り出した位置が大きくずれ込んでしまいます。
そこで応用されるのが、アインシュタインの相対性理論。わずかな進みを補正することで、GPSの精度を維持できているのです。この補正がなかったら、カーナビでとんでもない所に連れていかれちゃうわけですね。
カーナビやスマホでGPSを普段から使っていましたが、相対性理論が活かされているなんて気にもしていませんでした。
最後にアインシュタインの名言を1つ。

物事はすべて、できるだけ単純にすべきだ。

アインシュタイン150の言葉
ディスカヴァー・トゥエンティワン
1997-03-31

 
をクリックお願いします。励みになります! 

  クリックして応援をお願いします!

夜間のメモ用に、こんなペンを買いました。
以前に使っていたペンが故障したため、追加購入です。


ペン先に白色LEDライトが付いているので、夜間のメモに便利です。
 
ペン先はこんな感じ。こうやって光らせてみると、007の秘密道具のようで楽しいです。
透明なキャップを付けたままLEDライトを点灯すると、ペンライトにもなります。

このペン、日本、アメリカ、韓国で特許取得済みでした。
先端が光るペンってあまり見かけないのは、この特許の関係かな?

 

 
  クリックして応援をお願いします!

今日のがっちりマンデー、テーマは「斜陽産業で大逆転!(秘)スゴい会社
 GACCHIRI_logo

この中で固定電話型の携帯電話が紹介されていました。
スゴい電話
名前どおり、スゴい電話です。
お年寄りの方なら、今のスマホ形式の携帯電話より使いやすいでしょうね。
それに、建築現場に一時的に電話機を設置するという使い方は、コスト的にも使い勝手的にも固定電話を超えるでしょう。ここまで使い方を想像して生み出された商品だと思うと、その発想力に驚かされます。
スゴいことを考える人がいるなぁと感心しました。 


テレビ放送記念キャンペーンをやってるようです。興味のある方はエックスモバイルのWebにアクセスしてください。

img_SUGOIDENWA_cam

関連記事

一見固定電話でも実はケータイ! X-mobileから「スゴい電話」が発売に

固定電話型3G端末「スゴい電話」、MVNOのX-mobileが発売

ネーミングセンスもすごい!固定電話型3G携帯「スゴい電話」11月16日発売

 


  クリックして応援をお願いします!

ここのところ、パソコンの修理が続いています。
昨日のdynabookは東芝さんにおまかせし、今日は2台のPCを自分で修理します。

まず1台目は、DELL LATITUDEE6430s

このPCはWindows10の再インストール。インストール用のUSBメモリを作り、サクッと作業は進みます。
業務で使うアプリケーションやマクロを設定し、動作に問題がないことが確認できました。

それと並行して作業するのは、Panasonic Let's note CF-R5


dynabookがお出かけしているため、以前に使っていたPCをパワーアップしてBlog用に昇格してもらいましょう。
作業の内容はこれ
  • HDD→SSD換装
  • 無線LANカード換装
ということで、買った部材はの2つ。


otaqeさんのBlogを参考に作業を進めます。

O'TAQE's Workshop Blog ver.:Let's Note CF-R5 SSD化計画 【前編】 - livedoor Blog(ブログ)
O'TAQE's Workshop Blog ver.:Let's Note CF-R5 SSD化計画 【後編】 - livedoor Blog(ブログ)



と、作業は進み、仮組みで動作確認したところで今日の作業は終了。明日はシリコングリスを塗布して作業が完了するはず。

これまでもPCをいろいろ改造してきましたが、PCをバラすたびに各メーカーの設計の苦労が感じられます。
よい設計の製品は、中身のデザインもキレイです。見習うべきところが多いですよ。


 
  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ