0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:ガジェット

1-3
出典:Indiegogo

クラウドファンディングサイト Indiegogoで話題となっていた小型PC GPD Pocketが、日本国内でも続々と届きはじめたようです。
各種レビューを見ているとき、気になる書き込みが1つありました。
それは、

 GPD PocketではOfficeが無料で使える

というもの。正確には、Windows 10版Office Mobileが無料でフルに使えるのです。
OfficeMobile
出典:MIcrosoft

とはいっても、ライセンスが含まれているわけではありません。
そのからくりは、GPD Pocketの画面サイズにあります。Windows 10版Office Mobileには「10インチ以上制限」という壁が設定されています。10インチ以上の画面のPCでは、インストールはできるものの編集や保存ができなくなる制限がかかるのです。
逆に言えば、10インチに満たないGPD Pocketでは、Office Mobileの機能がフルに使えるわけ。

これはありがたい情報です。GPD Pocketを買う予定はないですけど。




  クリックして応援をお願いします!

170623_パワーグローブ
出典:DIME

パワーグローブは、1990年に発売されたファミコン専用コントローラです。ファミコン世代の方なら、一度は目にしたことがあるでしょう。その当時、手や腕を動かしてファミコンを動かせるという衝撃的なインターフェイスに驚かされたのを覚えています。
しかし、その操作性は残念ながら最悪。鳴り物入りで発売されたものの、その特性を活かしたソフトはろくに販売されず、パワーグローブは人知れず市場から消えました。

パワーグルーブに再会したのは、それから数年後。秋葉原のショップ店頭でした。
叩き売り状態で超格安。誰も目もくれないその一品を喜び勇んで買い込んで、足ばやに家路につきました。その手には2台のパワーグルーブをぶら下げて…

その後、パワーグローブを分解して回路を解析したり、PCに繋いで新しいユーザーインターフェイスの研究に使ったりしたのを覚えています。
いま考えると、あまりに時代を先取りしすぎたのかもしれません。



関連リンク
DIME:あの頃これが欲しかった!ファミコン向けコントローラー『パワーグローブ』


  クリックして応援をお願いします!

170623_失敗博物館
出典:Business insider

規模の大小にかかわらず、どんな企業でも失敗はします。顧客に受け入れなかったり、市場が成熟してなかったりと、失敗の原因はさまざま。
でも、一番の失敗は、失敗を恐れて行動しないこと。

そんなことを「失敗した製品を展示する博物館」は教えてくれています。
この博物館では、市場でぜんぜん売れなかった製品やほどほど売れたけどライバルに負けてしまった製品など60種類以上を展示。AppleのNewton、SonyのBetamax、NokiaのN-gageなど、懐かしい名前が並んでいます。

se  about
出典:MuseumofFailure

チャレンジングな開発なくして、革新的な製品・サービスは生まれません。
これらの失敗品を生み出した多くの挑戦者たちに敬意を表します。



関連リンク
失敗した製品を展示する博物館がスウェーデンのヘルシンボリにオープン


  クリックして応援をお願いします!

「パソコンの使い方を知らない新卒社員が増えた」なんて話を聞いたことがあります。
彼らの世代ではスマホが存在するのは当たり前。SNS、Webブラウジング、ゲームまで、手の中のスマホで済ませることができます。そのため、彼らはパソコンがなくてもスマホで十分なのでしょう。当然、パソコンのキーボードより、スマホに触れる時間が長いわけですね。

そんな世代をターゲットにしたのかしないのか、AndroidスマホをPCのテキスト入力端末にする「FlickTyper」が発売されました。価格は9,980円。

FlickTyper
出典:FlickTyper

Androidスマホに専用アプリをインストールし、スマホとPCをFlickTyperでつなげば準備完了。これでスマホのフリック操作でPCにテキストを入力できます。

be-1DWvN7Y6zSY_02
出典:FlickTyper

テキスト入力以外にも、カーソルの移動やスクロールといったマウス操作もできます。Ctrlキーなどのいわゆる修飾キーの入力もできますので、パソコンの操作はほとんど可能でしょう。

be-1DWvN7Y6zSY_01
出典:FlickTyper

なお、入力に利用できるスマートフォンはAndroidに限られています。iPhone対応も検討しているようですので、iPhoneユーザーは今しばらくお待ちください。

このデバイス、パソコン世代の自分から見ると必要性をは感じない、というより使いきれる自信がない代物です。いまだにフリック入力がまともにできないですから…
しかし、そのアイデアと実現するパワーは素晴らしいです。




  クリックして応援をお願いします!

usbhedcl-p02_02
出典:サンコーレアモノショップ

今日は梅雨の中休み。昨日の大雨も影響して、蒸し暑くなっています。
これからの時期、涼しい風がほしくなりますね。

サンコーレアモノショップは、蒸し暑い夏を快適にすごせるグッズ「ヘッドホンなクーラー」を発売しました。見た目はヘッドホンそのもの。でも音が出るわけではありません。さりげなく付けられる新しい首かけ扇風機です。
価格は、本体のみが2,980円(税込)。モバイルバッテリー付きで3,980円(税込)です。

usbhedcl-top
出典:サンコーレアモノショップ

ヘッドフォンのように首からさげておけば、首周りを涼しくすることができます。首には大きな血管が通っているため、冷やすと自然と体全体の温度も下がります。

usbhedcl-p03_01
出典:サンコーレアモノショップ

首にさげる扇風機は他にもありますが、なにが残念ってカッコ悪い!
usbhedcl-p01
出典:サンコーレアモノショップ

ヘッドホンなクーラーなら、見た目を気にせず涼しい風を感じ続けることができます。






  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ