ガジェット : 0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:ガジェット

200320_090306
出典:Google

Googleは、「Android 11」の最初のDeveloper Previewを公開しました。

対象となる機種は、Pixel 2/2 XL、Pixel 3/3 XL、Pixel 3a/3a XL、Pixel 4/4 XLの8機種。端末ごとに、システムイメージが用意されています。

200520_090546-s
出典:Google

このプレビュー版では、5G対応ためのAPIが搭載されたり、新形状の画面への対応が行われています。また、ニューラルネットワークAPI 1.3を搭載したことで、開発者が利用できる操作とコントロールが拡張されています。


関連リンク
Android Developers Blog: Turning it up to 11: the first Developer Preview of Android 11
Downloads for Google Pixel  |  Android デベロッパー  |  Android Developers


  クリックして応援をお願いします!


折りたたみスマホが2週間で壊れたら精神的なダメージが大きいな。しかも、耐久テストで壊れたのではなく、普段使いの中で発生したとのこと。
折りたたみスマホにはまだ課題が多そう…


  クリックして応援をお願いします!

200217-a
出典:シャープ

シャープは、第5世代移動通信システム(5G)に対応したモバイルルーターを商品化します。本年春の5Gの商用サービス開始にあわせて発売予定です。

この製品は、5Gの電波帯である「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」と「ミリ波(28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応。指向性の強いミリ波の受信感度を高めるために方向の異なる3つのアンテナを搭載しています。受信時最大約4Gbps、送信時最大約0.8Gbpsの超高速データ通信が可能です。

また、新規格Wi-Fi6にも対応。タブレット端末やノートパソコンなどを最大16台まで同時接続できる上、複数の端末を接続した時でも高速かつ安定的な通信が可能です。さらに、2.5GBASE-TのLANポートやUSB3.0を搭載するなど、有線接続機能も充実しています。無線(Wi-Fi6)と有線(2.5GBASE-T LAN、USB3.0)の同時使用も可能なので、利用シーンや接続端末に応じた接続方法を選ぶことができます。

品名

5Gモバイルルーター

サイズ/質量

約157 × 84 × 16.1mm / 約280g

通信速度

5G:受信時最大約4Gbps/送信時最大約0.8Gbps

LTE:受信時最大約1.6Gbps/送信時最大約75Mbps

ディスプレイ

約2.4インチQVGA (320×240画素)
TFT液晶ディスプレイ

Wi–Fi®

Wi-Fi6 (IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax) / 同時接続可能台数:16台

有線LAN

2.5GBASE-T × 1(内蔵)

USB

USB3.0(Type-C)

バッテリー容量

約4,000mAh




  クリックして応援をお願いします!

d17808-372-925429-0
出典:ASUS

ASUSは、Windows 10 Proを搭載したスティックPC「VivoStick PC」の新モデルを2020年2月21日に発売します。価格はオープンプライス。

VivoStick PCは、テレビや液晶モニタのHDMI端子に挿して使用できるスティック型のPC。
CPUにはクアッドコアのIntel Atom x5-Z8350プロセッサを搭載しており、画面出力はフルHD (1,920×1,080ドット)に対応。USB 3.0ポートとUSB 2.0ポートを1ポートずつ搭載しているので周辺機器の接続も可能です。無線LANは高速なIEEE802.11acとBluetoothに対応。OSにはWindows 10 Proを採用しています。
メモリ4GB、ストレージ64GBの上位機種「TS10-B174D」と、メモリ2GB、ストレージ32GBの下位機種「TS10-B052D」があります。



以前、Intel Compute Stickを使って、社員の在席状況をデジタルサイネージ化する記事を書きました。

Intel Compute Stickをセットアップ。この記事、長いです…
在席状況を共有できるホワイトボードアプリ「ZAiSEKI」をIntel Compute Stickに設定

VivoStick PCを使えば、在席管理だけでなく、さまざまな情報をデジタルサイネージ化することができます。




関連リンク
VivoStick PC (TS10) | スティックPC | ASUS 日本


  クリックして応援をお願いします!

top
出典:ロジテック

ロジテックは、名刺サイズで軽量25gのポータブルSSD「LMD-SPAU3」シリーズを発売しました。
同社の公式通販サイトでの価格は、240GBが5,400円(税別)、480GBが8,800円(税別)、960GBが14,400円(税別)。

この製品は、名刺よりも小さい掌に収まるコンパクトサイズとなっており、重さは約25gと軽量です。米国採用品の選定基準となるMIL-STD810G規格に準拠。万が一の落下による衝撃や移動中の振動から保存されたデータを守ることができます。

img_02
出典:ロジテック

万が一、紛失や盗難にあった際でも第三者に閲覧されないようパスワードを設定できる「パスワード自動認証機能付きセキュリティソフト(PASS)」が無償でダウンロード可能。パスワード登録したパソコンでは、パソコンに接続すると自動的に認証します。

img_03
出典:ロジテック

出張や外出時に持ち歩いて使用するのに便利なバスパワーに対応。小型で可動部分のないSSDを搭載しているため、HDDとくらべて約半分の省電力設計です。

img_06
出典:ロジテック

インターフェースはUSB3.2(Gen1)となっており、最大転送速度は5Gbps(理論値)です。
Type-Aケーブルに加えて、Type-Cケーブルの2種類のUSBケーブルが標準添付されます。Type-Cポートを搭載するPCでも使えるため、接続できる機器の幅が広がります。

img_04

img_07
出典:ロジテック


関連リンク
LMD-SPAU3シリーズ - ロジテック株式会社
【メール便発送】ロジテック 小型 軽量 外付けSSD ポータブル 960GB USB3.2 Gen1【LMD-SPA960U3】(960GB): SSD<<ロジテックダイレクト>>


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ