0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:衛生管理者

0000103900

今日は恒例の定期健康診断を行います。
事業者は、労働安全衛生法第66条に基づき、労働者に対して、医師による健康診断を実施しなければなりません。また、労働者は、事業者が行う健康診断を受けなければなりません。
常時使用する労働者に関しては、定期健康診断(安衛則第44条)を1年以内ごとに1回行うことが義務付けされています。

第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



  クリックして応援をお願いします!

00_title-s
出典:茨城労働基準協会連合会

茨城労働基準協会連合会から、平成31年度の労働安全衛生関連の行事予定が届きました。
ということで、衛生管理者関連に関する者だけを抜粋。

01_行事-s

02_免許試験準備講習会日程-s

03_安全衛生関係講習予定表-s
出典:茨城労働基準協会連合会

第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



  クリックして応援をお願いします!

2019年01月10日15時28分30秒-s

茨城労働基準協会連合会から1月中旬~2月の講習会の案内が届きました。
第一種衛生管理者に関しては、免許試験受験準備講習会が以下の日程で開催されます。

  • 2月7日 ~ 9日 : 中央安全衛生教育センター(水戸市)
  • 2月28日 ~ 3月1日:平成館(古河市)
 
第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



  クリックして応援をお願いします!

0000182906-01-s0000182906-02-s
出典:厚生労働省

毎年11月から2月にかけての冬場は、ノロウイルスによる食中毒が多発います。
ノロウイルスは、牡蠣の生食などによる食中毒がよく知られています。ノロウイルスは感染力が非常に強く、家族の中に発症者がいると家族内で二次感染を引き起こすことがある厄介なものです。感染源となる患者の吐物や下痢便等の取扱いに十分注意しましょう。

ノロウイルスに関する問題は、第一種衛生管理者試験にも頻繁に出てきます。

ということで、問題をひとつ。


ノロウイルスによる食中毒に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 : 食品に付着したウイルスが食品中で増殖し、ウイルスが産生した毒素により発症する。
2 : ウイルスの失活化には、エタノールや逆性石鹸はあまり効果がない。
3 : 潜伏期間は、2~3時間である。
4 : 発生時期は、夏季が多い。
5 : 症状は、筋肉の麻痺などの神経症状が特徴である。

正解をみるには、の枠内をカーソルで選択してください。
正解 : 2
 
1 : 誤り。人の腸管内でのみ増殖する。
2 : 正しい
3 : 誤り。潜伏期間は24~48時間である。
4 : 誤り。発生時期は、冬季が多い。
5 : 誤り。吐き気、嘔吐、下痢、腹痛などの症状がみられる。


第一種衛生管理者試験のおススメ問題集は
ほかにも何冊か使いましたが、最後に残ったのはこの2冊でした。



  クリックして応援をお願いします!

応急処置
出典:日立市報

お正月に増えるおめでたくないニュースといえば、「餅をのどに詰まらせる事故」です。
家族が餅をのどに詰まらせてしまったら、あわてずに119番で救急車を呼びましょう。併せて、すぐに応急処置を行います。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ