0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:設計・開発

Arduino 101
出典:arduino.cc

Intelは、超小型チップ「Curie」の生産終了を明らかにしました。先月には「Galileo」「Joule」「Edison」の販売終了に続いての撤退です。
これに伴い、Arduino LLCがインテルと共同で設計したCurieチップ搭載の「Arduino 101」も、9月17日をもって注文の受付が終了するとのこと。Intelは、Arduino 101の供給を続けるための努力を続けているそうです。


  クリックして応援をお願いします!

170724_113524_ストア00170724_113536_ストア00
出典:Microsoft

2017年7月19日(米国時間)、Micorosoftは、Linuxディストリビューション「openSUSE Leap 42」と「SUSE Linux Enterprise Server 12」をMicrosoftストアで公開しました。
先日公開されたUbuntuに続いてのLinuxディストリビューション提供となります。Microsoftストアで提供されていることからもわかるように、1台のWindowsマシンにSUSEやUbuntuを並行してインストールし動作させることが可能。

AllTheConsoles-600x338
出典:Microsoft

さらに、Fedoraもテスト中であることがBlogで明らかにされています。もうすぐストアに公開されることになりそうです。

関連リンク
Microsoft:SUSE’s Linux distros for WSL now available in the Windows Store


  クリックして応援をお願いします!


Raspberry Piシリーズで動作する「Arch Linux」、ちょっといじってみたくなります。
創始者のJudd Vinet氏の設計思想は、

「[Arch Linux] is what you make it. (Arch Linuxは自分で作るもの)」


というもの。これも好感が持てます。
Arch Linuxの公式サイトでOSのイメージファイルがダウンロードできますので、Linuxをコマンドラインでガシガシいじってみたい方はどうぞ。

Arch Linux
出典:Arch Linux



関連リンク
Arch Linux
Arch Linux JP Project


  クリックして応援をお願いします!

17-07-20-11-34-38-561_photo

共立エレショップからシフトレジスタ 2種類が届きました。
Arduino Pro MiniでI/Oを拡張するために使います。


  クリックして応援をお願いします!

Diodes-APX803L-NPA-72018-001Diodes-APX803L-NPA-72018-002
出典:Diodes

2017年7月13日(米国時間)、Diodes Incorporatedは、電圧検出IC「APX803L」を発売しました。
このICは消費電流 1μA(最小)で稼働し、外付け部品を必要としません。0.1Vステップで1.2V〜5.0Vの検出電圧範囲となっており、購入時に検出電圧を選択できます。電圧検出時のスレッショールド精度は±1.5%と高精度。
電圧を高精度で監視することにより、マイクロプロセッサやマイクロコントローラの監視回路をサポートするように設計されています。電源が規定のスレッショールドを下回るたびにリセット信号を生成します。この機能は、コンピュータ、通信機器、ポータブルバッテリ駆動機器などの多くのシステムで必要なものです。
APX803Lは、3ピンSOT23、SOT323、およびSC59パッケージと5ピンSOT25パッケージで提供されます。

関連リンク
Diodes Incorporated:ニュースリリース
Diodes Incorporated:MICRO POWER VOLTAGE DETECTOR APX803L


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ