設計・開発 : 0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:設計・開発

no title1-s

AliExpressで買ったLEDリングをリワークします。

リングの2列目で青く点灯しっぱなしのLEDを取り外し。きれいに外しても再利用できないので、LEDのボディが壊れるのを気にせず、はんだごてで熱をかけて外します。
その後、ランドをクリーニングし、新しいLEDを置いて位置合わせします。ここで極性を間違えると悲惨なことになるので、データシートを再確認。あとは、ポチッと はんだ付けするだけ。

Feature-s

無事、すべてのLEDが点灯しました。やっぱ、ぜんぶ点灯するとキレイだね。こうでなくちゃ!
19-04-12-20-39-23-053_photo-s


  クリックして応援をお願いします!

no title1-s

AliExpressで買ったLEDリングは、やはりWS2812Bがトラブっていました。
青く点灯しっぱなしのLEDの先はコントロール不能。デイジーチェーンだからなぁ…

AliExpressのショップに連絡したところ、「リワークするから送り返してくれ」だそうです。コストもスケジュールも合わないので、WS2812Bを入手しました。
19-04-12-17-05-30-306_photo-s

しゃーないから、リワークすっか…


  クリックして応援をお願いします!

20190412_104719_00-s

Windows Subsystem for Linux(WSL)向けのLinux「Pengwin」が1,200円割引きの1、150円(税込)で販売されています。
Pengwinは、Debianベースのディトリビューションです。X410やVcXsrvなどのXサーバーWindows 10にインストールすれば、Pengwinで多くのLinux GUIアプリケーションを利用することができます。WindowsとLinuxの間でシームレスに動作することができるため、Linuxを初めて使う開発者にとって、とっつきやすいシステムでしょう。

Capture-s
出典:Pengwin

関連リンク
Pengwin by Whitewater Foundry


  クリックして応援をお願いします!

トランジスタ技術 2019年5月号が届きました。

今回の特集は

特集

電子ブロックPSoCで
フルハードウェア製作
[体験キット付き]
19-04-12-16-09-26-643_photo-s


今回は、PSoCエントリ基板「電子回路クリエイタTSoC」が付録です。
付録基板にはブートローダが書き込み済みなので、専用のライタは不要。でも、USBブリッジICを搭載していないので、USBシリアル変換アダプタがないと書き換えができません。USBシリアル変換アダプタはいくつかあったはずなので大丈夫だな。
19-04-12-16-08-41-605_photo-s

また、「トラ技Jr.」の2019年は春号も別冊付録です。
19-04-12-16-09-26-643_photo-s



  クリックして応援をお願いします!

nvidia-jetson-nano-developer-kit-2c50-d-s
出典:NVIDIA

スイッチサイエンスさんによると、NVIDIAの「Jetson Nano開発者キット」が大人気のようで、「いつくらいに入荷しますか?」という問い合わせが増えているそうです。
ざっくりいうと、今週末から来週頭にかけて、3月22日(金)の14:00までに注文された人に割り当てられる数が入荷する予定だそうです。
その後、ゴールデンウィーク前後にもコンスタントに入荷してくる予定らしいので、すでに注文している人には5月中旬には届けられそうな見込みとのこと。



ちょっと出遅れちゃったなぁ。そろそろ注文しなくちゃ!

関連リンク
Jetson Nano 開発キットの入荷状況について – スイッチサイエンス マガジン


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ