0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:設計・開発

AWS DeepLens
出典:Amazon

2017年11月29日(現地時間)、Amazon傘下のAWSは、ディープラーニング(深層学習)向けビデオカメラ「AWS DeepLens」を発表しました。同製品は2018年4月に米国で発売されます。価格は249ドル。

AWS DeepLensは、デバイス上で直接ディープラーニングモデルを稼働させることが可能。物体検出、動作認識、顔検出などのディープラーニングモデルが事前に用意されているため、数ステップでいくつかのモデルをテストすることができます。
  1. AWS DeepLensに用意されたモデルライブラリ、またはAWSの機械学習サービス「Amazon SageMaker」でトレーニングした独自のモデルからディープラーニングモデルを選択
  2. モデルをデバイスにワンクリックで展開
  3. AWS管理コンソールでリアルタイムで結果を確認
SampleModel
出典:Amazon

スペックは
TechSpec
出典:Amazon




  クリックして応援をお願いします!

mini_news
出典:安川電機

安川電機は、ACサーボドライブΣ-7シリーズに、業界最小クラスの超小型ACサーボモータ∑–7mini(SGM7Mモデル)を新たにラインアップしました。12月1日(金)から販売を開始します。
おもな特長は
  • 超小型
    3.3Wで全長56mmと業界最小クラスのモータサイズを実現

  • 高トルク・高回転速度
    最新の最高性能磁石を採用することにより、超小型ながら高トルクを実現。
    また、最高回転速度は7000 min-1を実現しており、装置のタクトタイム短縮に貢献します。

  • 高精度
    高分解能20bitエンコーダを搭載

このサイズは魅力的ですね。現行の設備でのリプレースも容易でしょう。

関連リンク
業界最小クラスの超小型ACサーボモータΣ-7miniを発売開始- 小さいながらパワフルに速く、そしてきめ細やかに - | Category: 新製品 | 安川電機


  クリックして応援をお願いします!


先端が横に曲がったラジオペンチ「ロプロス」。下に曲がったやつはありましたが、曲がる方向を変えるだけでぜんぜん別の商品になっています。
_SL1050_
出典:Amazon

これ、よさげです。



  クリックして応援をお願いします!

キャプチャ_01
キャプチャ_03
出典:シナノケンシ

シナノケンシは、異型物を柔軟につかむことができる電動3爪ロボットハンドを開発しました。
このロボットハンドは、人が行っている手作業を自動化することを目的として開発されており、小物組立や食品・医薬品・化粧品などの現場で活用することが想定されています。

ロボットハンドの中央部に中空構造(特許申請中)を採用。これにより、中空部分を使って顧客の用途に合わせて付加機能を追加することを可能にしました。

キャプチャ_02
出典:シナノケンシ

【その他の特徴・仕様】
  • 電源:DC24V
  • 通信:RS-485駆動による省配線
  • 重量:約750g 
  • 幅 :42mm
  • 高さ:約50mm
  • 全長:約150mm(爪を閉じた状態)

2017年11月29日~12月2日に開催される「2017国際ロボット展」に参考出展されます。ブース番号は「東6ホール SR-31」です。

関連リンク
「異型物を柔軟につかむ」電動3爪ロボットハンドを開発|ニュース|シナノケンシ


  クリックして応援をお願いします!


スイッチサイエンスの受託販売商品に「物理フリックキーボードキット」が登場しました。

「見たことあるような…」と思う方も多いでしょう。
そう、2016年4月1日にGoogleが発表した、フリック入力専用キーボード「Google 日本語入力物理フリックバージョン」です。日付でわかるように、エイプリルフールネタ。でも、そこはGoogleです。実際に試作もしており、パーツリストや設計図がGitHubで公開されています。





  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ