0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:設計・開発

be-l9wX9eArqpU

FABOOL Laser Miniは、オープンソースの組み立て式デスクトップレーザーカッターです。
価格はなんと5万円台と、個人でも手の届く低価格。

「個人での趣味のモノ作り」から「企業でのプロトタイピング」まで、幅広いニーズに応える加工が可能です。
また、拡張パーツでのカスタマイズによってユーザーそれぞれの用途に応じた加工エリア、レーザー出力に変更ができます。

f821e841.jpgf8357ce2.jpg409e3385.jpg
8b6eddd7.jpgf8cb6a93.jpg0513c96c.jpg
e57c1f63.jpg411d3ee0.jpg29e6838f.jpg

 

SMART DIYsでは、世界最大の組立式CO2レーザー加工機Smart Laser CO2もラインナップ。
ハイパワー40WのCO2レーザー管を採用し、60cm×44cmの大きな加工エリアを持つレーザー加工機を、20万円台の価格で実現しています。

このレーザー加工機、MDF(中密度繊維板)ももちろん加工できますよ!

関連リンク
SMART DIYs
 

  クリックして応援をお願いします!

b8e6001cf6165cb5378e892c3b8ac782.jpg

 Androidスマートフォン、タブレットに対応したUSBオシロスコープ DroidOscilloが販売されています。
専用アプリによるタッチ操作で直感的に操作ができます。
値段は¥15,000。 プローブとスマートフォンは付属しません。

2a2c4369bd4c77b8955249a87daff6e3

これ、いいですね。出張先に持っていくのに便利そうです。

関連リンク
LimePulse : Android用オシロスコープ DroidOscillo
DroidOscillo技術資料



  クリックして応援をお願いします!

Raspberry Pi3 Model BにOSをインストールします。
今回もZeroと同様に、NOOBSを使います。

Raspberry Pi3 Model Bに電源を入れて少しすると、NOOBSが起動します。
一番下にある言語設定で日本語を選択します。
20161116_125929

その後、Raspbianにチェックマークを入れて、[Install]をクリックします。
20161116_125946

確認メッセージが表示されたら、もちろん[はい]をクリック。
20161116_125958

インストールが始まります。
20161116_130048

そうこうしているうちに、Raspbianがインストールできました。
20161116_141111

再起動してOSの起動画面が表示されます。
20161116_141137

トラブルもなく、デスクトップ画面が表示されました。
20161116_141514



関連記事
Raspberry Pi3 Model Bに周辺機器をつなげます
Raspberry Pi3 Model BのOS、別のMicroSDで再構築します
Raspberry Pi3 Model Bのケースを交換します
Raspberry Pi3 Model Bのパーツが届きました。3.5インチのタッチスクリーン


  クリックして応援をお願いします!

Raspberry Pi3 Model Bに周辺機器をつなげましょう。
NOOBSをコピーしたmicroSDカードも忘れずに差し込みます。
つないだ状態は↓ 

20161116_130327



関連記事
Raspberry Pi3 Model BのOS、別のMicroSDで再構築します
Raspberry Pi3 Model Bのケースを交換します
Raspberry Pi3 Model Bのパーツが届きました。3.5インチのタッチスクリーン


  クリックして応援をお願いします!

Raspberry Pi3 Model BのOSを別のMicroSDカードを使って再構築することにします。
手順はRaspberry Pi Zeroといっしょです。

すでにNOOBSがダウンロードしてあるので、それを使います。
20161111__17

microSDカードの準備に移ります。
SDカードリーダーを使ってmicroSDカードをPCに挿し、フォーマットします。
使うソフトは、SD AssociationのSDフォーマッター4.0
SDFormatter_Pi3

フォーマットが終わったら、さきほどのNOOBSのファイルをすべてmicroSD カードにコピーします。
ここで注意点がひとつ。「NOOBS_v2_0_0」フォルダごとコピーせず、フォルダの中身だけコピーしてください。

ここまでできたら、OSの準備はOK。
次のステップではRaspberry Pi3 Model Bに周辺機器をつなぎます。



関連記事
Raspberry Pi3 Model Bのケースを交換します
Raspberry Pi3 Model Bのパーツが届きました。3.5インチのタッチスクリーン
 
  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ