0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:News

AI 竜星戦 2017
出典:囲碁・将棋チャンネル

囲碁AIの国際大会「AI竜星戦2017」が2017年12月9日、10日に行われました。
1日目の予選では18組が対戦。15組が本戦に進みました。その決勝において、中国の「Fine Art」が日本の「DeepZenGo」に勝って優勝しました。

 第1位 Fine Art / Tencent AI Lab(中国)
 第2位 DeepZenGo / DeepZenGo Project(日本)
 第3位 Tianrang / Tianrang(中国)
 第4位 AQ / 山口祐(日本)
 第5位 Abacus / Tsinghua Univ.(中国)

中国は3組が参加し、そのすべてが上位5位に入る好成績。AI開発に盛り上がる中国のパワーが垣間見えた気がします。



関連リンク
AI 竜星戦 2017|囲碁・将棋チャンネル


  クリックして応援をお願いします!

20171207133653
出典:Google

2017年12月5日(米国時間)、Googleは、「Android 8.1 Oreo」の正式版をリリースしました。
また、エントリーレベル・デバイス向けに最適化された「Android Oreo (Go edition)」も併せて発表されました。
まずは、PixelやNexusなどのデバイスからアップデートが配信されます。

今回のリリースでは、Twitterでパテとチーズの順番が逆と指摘されて話題になったハンバーガー絵文字なども修正されました。






  クリックして応援をお願いします!

release-1
出典:明治大学

明治大学は、熱溶解積層方式3Dプリンタを使用して極細で高密度な「毛」のような構造を作り出す造形手法を開発しました。

開発された造形手法では、熱で溶解したプラスチック樹脂を3Dプリンタのノズルで引き伸ばすことで細い毛のような構造を作り出しています。また、この構造を「橋渡し」するように固定していき、造形後に切り離すことでフサフサとした造形物が得られます。
1本の造形可能な直径は0.08~1.5mm程度で、これは人間の髪の毛の細さに匹敵。また、安定した造形が行えるため、長毛や円状に広げた形状を作ることも可能です。
release-2
出典:明治大学




  クリックして応援をお願いします!


公道カートが走っているのに出会ったことがあります。
コンビニの駐車場からカートを出すために、係員のような人が道路に出て車を停止させていました。乗っている人たちは楽しそうでしたが、まわりの車はかなり迷惑。
原チャリ扱いというのはわかりますが、ノーヘル&シートベルトなしで車道を走り回るとはよほど勇気があるのでしょう。なにより、カートは車高が低いので、まわりの車からは視認しづらい。トラックの死角に入ったら簡単につぶされてしまそうで、とても乗る気になれません。


  クリックして応援をお願いします!

冬タイヤ_free_01

西日本高速道路(NEXCO西日本)は、車両がスタッドレスタイヤを装着しているかどうか走行中に自動判別するシステムを国内で初めて導入すると発表しました。
同社が冬タイヤ規制を実施した場合、インターチェンジなどで車を一時停止させ、誘導員がタイヤを目視する対応を実施します。そのため、タイヤの点検に時間がかかり、渋滞の原因となっていました。
今回導入する自動判別システムでは、走行する車両のカメラで撮影し、タイヤの溝を検出。判定結果を誘導員に知らせることで、スタッドレスタイヤを装着した車はそのまま通過させます。
タイヤの点検にかかる時間を大幅に削減できることから、渋滞解消が期待されています。


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ