0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:News


Techableによると、理化学研究所を中心とする共同研究チームが洗濯可能なスマートテキスタイルを開発しているそうです。
厚さ3μmの超薄型有機太陽電池で、洗濯も可能。高い伸縮性があり、衣類に埋め込むことで安定した電源として活用することが想定されています。

この太陽電池と生体センサを患者衣に搭載したら、医療の現場で患者の体調を逐次モニタリングできるようになるかもしれません。

関連リンク
洗濯可能な超薄型有機太陽電池 | 60秒でわかるプレスリリース | 理化学研究所


  クリックして応援をお願いします!

20171013185006
出典:スズデン

スズデンは、IoT/M2M専用モバイルインターネットサービス「スズデンMOBILE」を発売しました。
同社は、電気通信事業法に基づく「仮想移動体通信事業者(MVNO)」登録を行い、FAインテグレータ
として他社に先駆けてMVNO事業に参入。「スズデンMOBILE」によるIoT/M2M専用モバイルインターネットサービスを活用することにより、有線による通信ネットワーク構築がむずかしかった現場でのデータ収集や、広大・広域な範囲における設備の遠隔監視・保守など、様々なシーンでの利用が可能になります。
また、センシング技術によるデータ収集とIoT化に向け集約したデータの利活用で重要とされる「可視化」および「分析(Analytics)」に至るソフトウェアやアプリケーション構築までをワンストップでサポートできる、「スズデンIoTプラットフォーム」も提供しています。
「スズデンIoTプラットフォーム」と「スズデンMOBILE」を活用することにより、労働力不足や業務効率カイゼンによる自動化、「働き方改革」に向けたIT技術の活用など、顧客にベストマッチした提案を実現するとのこと。

スズデンMOBILEの特長は
  • ドコモFOMA/Xi回線、データ通信専用SIM
  • 1回線単位で契約が可能
  • 運用のしやすさを考えた「年間プラン型」(途中解約金なし)、毎月の面倒な支払い手続きが不要
  • SIMサイズは、「標準」「マイクロ」「nano」の全タイプを準備
  • 産業用途を意識した安定的回線を準備
  • 「グローバルIP」、「SMS」などのオプションも準備
    *グローバルIPは3G回線のみ

目視検査支援機Neoviewの部材購入などで、スズデンさんにはなにかとお世話になっています。
こういうサービスを活用すれば、顧客サポートもかなりやりやすくなりそうです。

関連リンク
スズデン株式会社


  クリックして応援をお願いします!


羽田空港の帰国審査場に「顔認証ゲート」が10月18日から導入されます。
ICチップ入りの日本のパスポートを持っていれば、事前の登録は不要。日本人の帰国審査の手続きを省略し、帰国審査に当たっていた審査官を外国人の入国審査にあてることになります。
自動化ゲートもそうですが、こういった改善は本当にありがたいです。帰国審査で時間がかかってしまうと、地方への高速バスに乗り遅れてしまうこともありますから。


  クリックして応援をお願いします!

z17046
出典:OKI

OKIエンジニアリングは、組込システムを搭載したプリント配線板の故障箇所を非破壊で24時間以内に特定するサービス「組込システム搭載基板向け故障診断サービス」を10月13日から開始します。
CPUやFPGAの搭載基板の検査ツールとして使用されるJTAGを活用することで、基板とLSIとの接続不良端子および短絡端子を非破壊で、かつ短時間に特定できる手法を確立。特定された端子情報を基に、ロックイン赤外線発熱解析やX線CT解析などを組み合わせて、さらに詳しく故障内容を解析します。

近年急速に普及しているIoT家電や産業機器、車載機器などの基板には、複雑な処理が可能な高性能LSIを実装した組込システムが搭載されています。組込システムに実装されているCPUやFPGAなどは接続端子数が1000ピンを超えるものが多く、さらに接続端子部を直接目視できないBGAパッケージなどの形状がほとんどです。そのため、故障箇所の特定に多くの時間を要することが課題となっていました。
これらの課題を解決すべく、同社のサービスが開始されました。販売目標は、3,000万円/年とのこと。


  クリックして応援をお願いします!

pict_1002_01
出典:三井化学

2017年10月2日、三井化学は、ワンタッチで遠近を瞬時に切り替えられる電子メガネ「TouchFocus」を発表しました。
一見するとスタイリッシュなメガネにしか見えないTouchFocusには、電圧をかけると焦点距離が変わる「液晶レンズ」を搭載。フレームサイドのタッチセンサー部に触れて電源をONにすることで、液晶レンズが作動し、瞬時に遠近の切り替えが起こります。
40代からの嗜好に合わせたフレームデザインも豊富に用意。また、バッテリー式で簡単に充電が可能です。
2018年春の発売をめざします。

これ、欲しいです! 老眼鏡をつけたり外したりするのって、けっこう面倒で。あっ、老眼鏡じゃなくてリーディンググラスです!



関連リンク
次世代アイウェア「TouchFocus™」をiOFT展で日本初公開 | ニュースリリース | 三井化学株式会社


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ