0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:News

top_image
出典:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

2017年11月14日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、次世代大型ロケット「H3」の第1段のために開発されている新型エンジン「LE-9」を報道陣に公開しました。
LE-9では既存のエンジンより部品点数を2割削減することでコスト削減を実現。推進力は約1.4倍とのこと。

H3ロケットには、これまで開発してきた液体ロケットエンジンにくらべて、より大推力(LE-7Aの約1.4倍)を発生させるエンジンが必要です。この大推力エンジンを安価かつ信頼性高く実現するために、これまでLE-5エンジンシリーズの開発・運用で知見を得てきた「エキスパンダブリードサイクル」方式のエンジンシステムを採用しました。 
20171115104439
出典:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

エキスパンダブリードサイクルでは、推進薬である液体水素を燃焼室やノズルの冷却に使うと同時にガス化させて温度を上げ、そのガスでエンジンの駆動源となるターボポンプを動かします。この方式は、エンジン全体のパーツ数を減らすことができ、異常な燃焼状態になりにくいなどの特長があり、高信頼性と低価格を高いレベルで両立させるエンジンサイクルです。
pct_04
出典:宇宙航空研究開発機構(JAXA)

こういうニュースを見ると、どうしても 「下町ロケット」を思い出してしまいます。



関連リンク
LE-9 | エンジン | JAXA 第一宇宙技術部門 ロケットナビゲーター


  クリックして応援をお願いします!

テレビ|REGZA:東芝_
出典:東芝

2017年11月14日、東芝は、赤字が続いていたテレビ事業を中国電機大手の海信集団(ハイセンス)に売却すると発表しました。連結子会社である東芝映像ソリューション(青森県三沢市)の株式95%を約129億円で売却します。
この売却後も従業員およそ780人の雇用は一定期間維持し、青森県の生産拠点や国内の販売網はそのまま活用するとのこと。東芝は「レグザ」などのブランド使用権をハイセンスに移管。東芝映像ソリューションはハイセンス傘下で「レグザ」ブランドでのテレビの生産・販売を続けます。

ここ数年、国内電機大手の事業売却などが続いていますね。
  • 2011年 NEC
    パソコン事業をレノボ(中国)と合併
  • 2011年 パナソニック
    旧三洋電機の白物家電事業をハイアール(中国)に売却
  • 2016年 シャープ
    鴻海精密工業(台湾)の傘下入り
  • 2016年 東芝
    白物家電事業を美的集団(中国)に売却
  • 2017年 富士通
    パソコン事業をレノボ(中国)に売却

ものづくりに携わる者として寂しい限りです。


  クリックして応援をお願いします!

newsrelease20171101
出典:フジクラ

フジクラは、既存品の2倍にあたる3456心の光ファイバを実装した「3456心 Wrapping Tube Cable」をリリースしました。
このケーブルでは、同社の独自技術である12心間欠固定型光ファイバリボンSpider Web Ribbon(SWRTM)を採用。ケーブル内に隙間なく光ファイバを埋め込むことで、細径・高密度・軽量を実現しました。
おもな特長は
  • 12心間欠固定型光ファイバリボンSpider Web Ribbon使用
  • フルドライ構造(ノンジェリー)
  • リングマークによる容易なファイバ識別
  • 熱融着バンチングによる手軽なファイバ取り出し性
  • 細径・高密度・軽量【効果】
  • 簡易布設
  • 布設時間短縮
  • 限りある管路スペースに布設可能
  • ドラムへの長尺巻き
  • 輸送コスト削減

従来のケーブルと比較すると、どれだけ高密度化されていかが一目瞭然。
20171114131625
出典:フジクラ(576心ケーブルの断面構造)

ケーブル内にジェリーを充填していないため、接続作業時にジェリーふき取りなども必要なく、作業時間を大幅に短縮できるわけです。

関連リンク
株式会社フジクラ | 超多芯光ファイバケーブル 3456心 Wrapping Tube CableTMをリリース


  クリックして応援をお願いします!


Googleのストリートビューはとても便利ですね。土地勘のない場所に行く前、移動ルートに沿ってストリートビューで確認しておけば安心して行動できます。
いまでも便利なストリートビューがさらに進化したそうです。マルチカメラで撮影した画像がうまく繋がっておらず、風景がズレたり看板などの目印が見えなくなってしまう問題を、新しいアルゴリズムで解決したとのこと。
画像の繋がりが悪くてSNSのネタになることもけっこうありましたが、そういうネタを目にすることが少なくなりそうです。


  クリックして応援をお願いします!


生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移してモデルチェンジした「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」が、11月10日に発売となります。
オートバイとしては初めて世界生産累計台数 1億台超えを超えたスーパーカブ。新しい歴史へのスタートです。




  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ