0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:News

IPCはんだ付コンテスト
出典:JAPAN UNIX

JAPAN UNIXから「はんだ付コンテスト2018」に関するメールが届きました。
2013年から3回にわたり実施されたIPCはんだ付コンテストが2018年に復帰。優勝者は、2019年1月末に米国・サンディエゴで行われる世界大会へ挑戦できます。

はんだ付コンテスト2018特設サイトは

<開催概要>
  • 名称 :IPCはんだ付コンテスト2018
  • 期間 :2018年6月6日(水)~8日(金)
  • 会場 :JPCA show 2018
  • 参加料:無料 (要事前申込)
  • 参加者数:最大40名まで
  • 賞品 :米国往復航空券・宿泊費、優勝賞金5万円、副賞有
  • 審判 :マスターインストラクター 千葉達也(ジャパンユニックス)、他1名
  • 主催 :IPC ~Association Connecting Electronics Industries~
  • 共催 :一般社団法人日本電子回路工業会(JPCA)
  • 運営事務局:株式会社ジャパンユニックス www.japanunix.com
  • スポンサー:IPC、ジャパンユニックス、千住金属工業、日本スペリア

コンテストのお申し込みは


  クリックして応援をお願いします!

HUAWEI-s
出典:HUAWEI

2018年4月17日、米・連邦通信委員会(FCC)は、国内の通信会社に対して、安全保障上の懸念がある外国企業からの通信機器調達を禁じる方針を決めました。
FCC高官は、対象となる企業として中国大手2社であるHUAWEI(華為技術)とZTE(中興通訊)が候補であるとしています。敵対的な外国勢力が通信機器に仕掛けたバックドアによって、米国へのスパイ活動に使われるおそれがあると規制を強調。

米国議会では、2社の通信機器がを米国企業に使わないよう、2012年に求めました。これに基づき、国防総省では2社からの調達が禁じられています。
また、4月16日に米商務省は、イランや北朝鮮に米国製品を違法に輸出したZTEと米国企業との取引を7年間禁じると発表しました。 
中国と米国の貿易摩擦が大きくなる中、新たな火種となることは確実です。


  クリックして応援をお願いします!

0329_1
出典:リコーインダストリアルソリューションズ

リコーインダストリアルソリューションズは、設備や機械が発する振動を見える化するセンシングシステムを開発しました。
独自開発のセンサとデータ解析技術を組み合わせることで、設備や機械の異常を検知するために必要なデータを抽出。製品の品質に影響する製造機械の異常振動や突発的な衝撃、健全性の確認など、今まで把握できなかった状態特性をリアルタイムに数値化して把握することができます。
これにより、機械の故障未然防止やダウンタイム短縮、メンテナンスの簡素化といった安定した設備稼働を実現可能です。さらに、公共交通機関や常時稼働しているインフラ機器の状態監視など、様々な用途にも展開できるとしています。

このシステムの技術優位性は
  1. 必要成分のみを抽出可能な独自の振動や音響の解析技術
    外乱やノイズに埋もれた信号から必要な成分だけを取り出す独自の解析技術を応用し、設備や機械で発生する様々な振動や音響データを診断や検知に活用

  2. ユーザー向けにデータを最適化するAIプログラミング
    振動から抽出したデータからユーザーが活用できるスコアを生成し、ユーザーが直接振動データを分析、解析しなくても有益な情報を得られるような指標やメッセージを提示

  3.  高信頼性により生産性と品質向上に貢献するコントローラ技術
    高品質、長期安定供給、幅広いカスタマイズ能力を強みとし、FA、金融、医療、インフラなどの様々な領域で採用実績あり

工場で設備の状態を把握するために、日ごろから稼働時の音には注意を払います。正常動作時の音を覚えておき、異音がなければ問題なしと判断するわけです。
異音が出たときにはかなり問題が大きくなっている場合が多いので、ちょっとした異常振動で設備の状況が把握できれば傷の浅いうちにメンテナンスができるでしょう。


  クリックして応援をお願いします!


理化学研究所が耐熱性と高いエネルギー変換効率を兼ね備えた「超薄型有機太陽電池」の開発に成功したそうです。
この有機太陽電池は、最大エネルギー変換効率10%を達成しながら、100℃の加熱でも素子劣化が無視できるほど小さいという高い耐熱性を実現。また、大気環境中で80日保管後の性能劣化も20%以下に抑えられています。このような高効率と高安定性の両立により、アイロンなどで衣服に直接貼り付けが可能になりました。

普段着る衣服に太陽電池を貼り付けるかどうかは別にして、e-テキスタイルでは応用範囲が広いでしょう。病院で患者のバイタルデータを逐次送信するなど、ウェアラブルデバイスの補助電源に使えそうです。



関連リンク
耐熱性・高効率・超薄型有機太陽電池 | 理化学研究所


  クリックして応援をお願いします!

img_hve1192_003img_hve1192_002
出典:ホシデン

ホシデンは、ウェアラブル端末などの小型機器向けに「磁界共鳴方式の超小型無接点充電器」を開発しました。 サンプルの提供開始を2018年8月に開始、2019年度中に販売を開始する予定です。計画月産数量は10,000個。

この充電器では、磁界共鳴方式を採用。送受信コイルの位置依存性を低減し、充電距離10mmまでの無接点給電を可能にしました。複数の機器を同時に充電でき、電磁誘導方式では困難であった自由度の高い充電位置での小型機器への給電が可能です。
なお、送電ユニットおよび受電ユニットは、用途に応じてのカスタム設計対応を予定しています。

<品名・品番>
超小型無接点充電器 送電ユニット :HVE1192
超小型無接点充電器 受電ユニット :HVE1193

<主な用途>
ウェアラブル機器、IoT機器

<主な仕様>
無接点給電方式:磁界共鳴方式
充電電流:50mA (給電距離5mmの場合)
給電距離:10mm以下
外形寸法(受電ユニット):φ11×5.4mm
動作電流電圧(送電ユニット):DC 5V、200mA(USB電源)
給電可能範囲(送電ユニット):70×40mm

関連リンク
超小型 無接点充電器|新製品ニュース|新着情報|ホシデン


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ