0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:News


2917年11月7日(米国時間)、Waymoは、完全自動運転モードによるテスト走行をアリゾナ州フェニックスの公道で開始しました。
Waymoといえば、Alphabetの子会社。つまり、Googleで自動運転カーの研究開発プロジェクト進めていたメンバーです。


詳細を知りたい方は、マイナビニュースにアクセス!




  クリックして応援をお願いします!

171101_04_img002
出典:ジャパンネット銀行

2017年11月1日、ジャパンネット銀行は、コミュニケーションアプリ「LINE」のカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」を使い、AIを活用した対話型チャットボットによるお問い合わせ対応を開始しました。
同社では、コミュニケータによる電話応対に加え、一部サービスではコールバック予約とチャットに対応しています。今回、より気軽で使いやすいお問い合わせ窓口としてAIチャットボットサービス「LINE カスタマーコネクト」を導入しました。
LINEアカウントを友だち登録すれば、同社の銀行口座を持たなくても利用できます。

  • サービスに関する回答(イメージ)
    質問内容から的確に回答を提示します。
    20171102120033
    出典:ジャパンネット銀行

  • コミュニケーションに関する回答(イメージ)
    ジャパンネット銀行への親しみを感じてもらえるよう、直接サービスとは関連しない話題についても、“モネ”が回答します。
    20171102120041
    出典:ジャパンネット銀行


  クリックして応援をお願いします!


Googleは、AndroidスマートフォンとBluetoothデバイスを1タップでペアリングできる新機能「Fast Pair」を発表しました。
この機能では、Bluetoothデバイスが検出されると、Androidスマートフォンの画面に通知が表示されます。パスワードなどを入力する必要はなく、画面を1タップするだけでペアリングが完了します。
なお、BLE(Bluetooth Low Energy)通信を使用しており、バッテリーの大量消費を気にする必要はありません。
ただし、Fast Pair使うための条件は↓
  • Android6.0以降のスマートフォンであること
  • 「Google Play開発者サービス」をバージョン11.7以降にアップデートすること
  • Fast Pair対応のBluetoothデバイスであること

今後、Fast Pair対応をうたったBluetooth周辺機器が増えることになりそうです。

関連リンク
Android Developers Blog: Announcing Fast Pair - effortless Bluetooth pairing for Android


  クリックして応援をお願いします!

郵便局   日本郵便株式会社
出典:日本郵便

2017年11月1日、2018年用の年賀はがきの販売が開始されました。
総発行枚数は前年並みの約31億枚を見込んでいるそうです。

SNSの「あけおめ!」に押され、年賀状の発行枚数はピークだった2003年の44億5936万枚から大幅減。それに伴い、年賀状関連のビジネスも減少しています。
スマートフォンの影響で市場が縮小したビジネスがここにもありました。

関連記事
ニコン、中国のデジカメ工場を閉鎖。スマートフォンの影響で


  クリックして応援をお願いします!

1101
出典:日立製作所

2017年11月1日、日立製作所は、X線による手荷物検査において、AIを活用することで手荷物内の物品一つひとつを認識し、材質、密度などから安全性を自動識別する技術を開発しました。
この技術では、一見安全な物品でも、材質や密度が通常と異なり、改造や細工が疑われる場合は、目視検査を提案します。検査員は、安全な物品の検査に時間を取られず、AIから提案された危険性が疑われる物品の検査に集中できるため、効率的かつ確実な手荷物検査が可能となり、検査の待ち時間を短縮できます。
試作したX線手荷物検査システムで社内実験を行った結果、すべての手荷物を目視検査する場合とくらべて、検査員が同じ時間内に検査可能な手荷物の数が約40%増加したことを確認しました。同社では、この技術を活用したX線手荷物検査システムの2018年度中の実用化をめざします。






  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ