News : 0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:News

18-1a
出典:富士通


富士通は、同社の富士通新川崎テクノロジースクエアにおいて、レジに並ばず決済できるレジなし店舗「ローソン富士通新川崎TS レジレス店」を2020年2月26日(水)にオープンします。

この店舗では、手のひら静脈と顔情報のみで本人を特定し、非接触で認証できるマルチ生体認証を3月16日(月)に世界初導入します。手ぶらでの買い物を実現し、利便性向上が図れるかについての検証が行われます。

18-1b
出典:富士通


実証実験の概要
  • 期間:2020年2月26日から5月25日 (9時~17時。土・日・祝日は休業)
       マルチ生体認証の導入は3月16日から。

  • 実施場所
    ローソン富士通新川崎TS レジレス店

  • 実証内容
    来店客は事前にスマートフォンアプリをダウンロードしクレジットカードの情報を登録した後、アプリに表示されたQRコードで入店します。店内に設置されたカメラや重量センサにより来店客や商品を判別し、退店時に自動で決済が完了します。
    また、3月16日以降はQRコード認証端末に加えて、手のひら静脈認証と顔認証を組み合わせたマルチ生体認証端末を入場ゲートに設置。来店客は手のひらを認証端末にかざすだけで顔認証を意識することなくスムーズに入店できるようになります。

この実証実験により、以下の点について検証します。
  • 来店客のレジ待ちのストレスを解消することで、ピーク時の販売機会ロスを削減し店舗売上の増加に貢献できるか
  • レジ業務削減により、店舗スタッフの負担軽減や接客業務強化など店舗運営の効率化が可能となるか
  • スマートフォンをもたずに手ぶらで買い物をすることができるようになることで、来店客の利便性向上が図れるか


関連リンク
富士通、事業所内のローソンレジなし実験店舗でマルチ生体認証技術を世界初導入 : 富士通


  クリックして応援をお願いします!

202819_082825-s
出典:茨城県

全国的に新型コロナウイルスが問題となっていますが、インフルエンザの流行も忘れてはなりません。

茨城県内において、インフルエンザの定点当たりの患者報告数は先週よりは減っていますが、まだ2ケタを超え続けている状況です。流行期は続いています。

新型コロナウイルス、そしてインフルエンザの予防のため、感染症対策の基本である「こまめな手洗い」「咳エチケットの実践」をお勧めします。

2017infle-poster-s
出典:茨城県



  クリックして応援をお願いします!

201118_061120
出典:富士通

富士通は、国内初となるローカル5Gの無線局予備免許を関東総合通信局から2月18日に付与されました。

これを受け、ローカル5Gの電波を発する無線局を富士通新川崎テクノロジースクエアに設置し、ローカル5Gネットワークシステムの検証を開始します。
今春には、同拠点内にユーザーやパートナー企業とローカル5Gを活用したユースケースを実証する場として、「FUJITSU コラボレーションラボ」を開設します。

また、同社の他の事業所や工場およびグループ会社においても、順次、ローカル5Gの免許を申請し、製造業をはじめとした様々な業種のお客様の業務革新に向けて、ローカル5Gのネットワーク構築および最適な活用を支援することで、ユーザーのデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に貢献するとしています。




関連リンク
国内初、ローカル5G免許を取得 : 富士通


  クリックして応援をお願いします!

1912juchu-11
出典:内閣府

内閣府が発表した2019年12月の機械受注統計によると、企業の設備投資の先行指標である「民間需要」(船舶・電力を除く、季節調整)の受注額は、11月前月比 12.5%マイナスの8,248億円でした。
内訳をみると、製造業は4.3%マイナスの3,726億円、非製造業(船舶・電力を除く)は21.3%マイナスの4,660億円です。

これを受け、内閣府は基調判断を「機械受注は足踏みがみられる」としています。


関連リンク
令和元年12月実績および令和2年1~3月見通し:機械受注統計調査報告 - 内閣府


  クリックして応援をお願いします!

jn200218-1-8
出典:パナソニック

パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、近方から遠方250m先にある物体位置に合わせた高精度な三次元情報を取得する、アバランシェフォトダイオード(APD)画素を用いたTime-of-Flight(TOF)方式距離画像センサを開発しました。

一般的なTOFセンサは微弱な光信号が検知できないため、近距離のみの検知に限定。一方LiDARは、遠方まで検知できる反面、解像度が低いため小物体の特定は困難です。また、2018年6月に同社が発表したAPD搭載のTOF方式長距離画像センサ(APD-TOFセンサ)は、近距離から遠方までの小物体を検知できましたが、測距精度が最短でも1.5m間隔で、遠方での人・モノの重なりを検出するには課題がありました。

今回開発した新TOF方式距離画像センサは、2018年6月に発表したAPD-TOFセンサの技術をもとに、電子増倍部と電子蓄積部とを縦積構成にすることでAPD画素の小面積化をはかり、世界最高となる100万画素の集積化を実現。また、三次元距離画像の長距離計測と高解像度化に加え、一般のTOFセンサやLiDARでは困難であった高測距精度化との両立にも成功しました。これにより遠方での人・モノの重なりを精度よく検出することが可能となりました。

jn200218-1-1
出典:パナソニック

このセンサは、車載用距離測定や広域の監視など、さまざまな分野への展開が可能です。


関連リンク
長距離で高い測距精度を有するTOF方式長距離画像センサを開発 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ