0を1にする! 検査機メーカーになった町工場のブログ

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。 このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。 ついでにガジェットに関しても…

『メーカーになりたい!』 それは町工場の夢。私もそれを夢見る一人でした。
このブログでは、町工場が検査機メーカーとなるまでに経験した出来事やノウハウを幅広く書き留めます。
ついでにガジェットに関しても…

タグ:News

富士通は、自社のSEがシステム構築や運用実績を通して蓄積してきた知見を基に、AIなどを活用した業務支援ツールを開発し、「KIWare(ケーアイウェア)」として新たに体系化しました。2017年11月からグループ内でKIWareの活用を順次開始します。
今後、顧客のシステム構築や運用に適用することで、構築期間の短縮や品質向上、運用リスクの低減などを実現するとのこと。

KIWareは、同社がこれまで培ってきた総合システム開発体系「SDAS(エスダス)」に含まれるツール群に、AIなどの最新テクノロジーを活用した新たなツールを加え、社内での実証実験を経て体系化したものです。

28a
出典:富士通

KIWareを構成する主なツールの概要は

  • プロジェクトマネジメント【プロジェクトリスク予兆検知ツール(2018年度以降順次適用)】
    プロジェクトの進捗に影響を及ぼすリスクのある項目をモデル化することで、これから開始するプロジェクトに含まれるリスクを検知するとともに、そのリスクを回避するための施策を助言します。本ツールを活用することで、プロジェクトのリスクの顕在化を未然に防止することが可能となります。

  • 上流工程(システムの要件定義や業務設計など)【設計書用語自動推敲ツール(2017年11月より適用)】
    推進中のプロジェクトに関連する既存文書から、そのプロジェクト特有の用語や表記ゆれの発生パターンをAIで学習、モデル化。設計書作成時に入力された用語の誤用や表記ゆれをリアルタイムにチェックすることで、適切な表記ができるように誘導します。本ツールを活用することにより、設計書の作成効率と品質の向上を実現します。

  • 開発工程【リアルタイムマネジメントツール(2018年度以降順次適用)】
    プロジェクトの進捗状況や品質状況をダッシュボード上で可視化し、プロジェクトマネージャーがリアルタイムに把握することを可能にします。SEが利用する定型化された開発環境から、プロジェクトに関連した設計情報、プログラム情報、テスト実施状況等を自動収集し、より詳細な情報を分かりやすく可視化し、プロジェクトの状況をより正確に把握する事で、精度の高いプロジェクト管理が可能になります。

  • 【ソース診断ツール(2017年11月より適用) 】
    過去のプロジェクトのソースコードをディープラーニングを活用してモデル化することで、ソースコードの読みやすさや変更のしやすさを診断します。本ツールを活用することで、ソースコードの自動確認が可能になると共に、診断結果の中で示された問題点をレビュー担当者が原因分析を行い、効率的に対策を打つことが可能になるため、プログラムの品質向上やレビュー作業の時間短縮を実現することが可能になります。
    28b
    出典:富士通

  • 運用保守【運用ログ分析ツール(2018年度以降順次適用)】
    自動収集したハードウェアやアプリケーション運用時のログ情報から、AIを用いて通常時の稼働状況を常に把握し、通常時とは異なる状況が生じた際に警告を発します。本ツールを活用することで、システム障害の発生につながる予兆をいち早く検知し、障害の発生を防止することが可能になります。また、予兆検知が難しい突発的な障害が発生した際は、通常時と異常時のログを比較分析することで、異常の発生原因や影響範囲を特定し、迅速な対応を可能にします。

これらのツールの中で、ソース診断ツールがいちばん気になります。できのよろしくないソースコードにAIがダメ出しをしてくれるわけです。
ソースコードの可読性などを自動チェックすることで、それ以降のコスト削減やプログラマの技量アップにも役立つことになります。

関連リンク
AIなどの最新テクノロジーを活用し、システム構築・運用業務を変革 : 富士通


  クリックして応援をお願いします!

gp7-nxtool
MOTOMAN-GP7にねじ締めドライバツールを搭載したイメージ図
出典:日東精工

安川電機と日東精工は、多関節ロボットとねじ締めドライバとを融合させた「ねじ締め自動化システム」を共同開発しました。
ねじ締め自動化システムでは、ロボットが持つ位置情報と、ねじ締めドライバが持つトルク情報を組み合わせることにより、ロボットがリアルタイムにねじの締め付け品質を把握することが可能になりました。そのため、従来は検知がむずかしかったタップ(雌ねじ)の加工不良や、長さ違いのねじ混入による締め付けミスを検知し、その場でリトライすることができます。
また、得られた情報を上位システムへアップロードすることで、工場全体のねじ締め品質を見える化し、一元管理することも可能。合わせて、ロボットとねじ締めドライバの操作系統を一本化することで、ロボットのペンダントからロボットとねじ締めドライバ双方の動作パラメータを簡単に設定することが可能となり、セットアップ時間を短縮できます。
このねじ締め自動化システムは、「2017国際ロボット展」(2017年11月29日~12月2日 東京ビッグサイト)で安川電機ブース内に出品されます。また、2018年に製品化される予定です。


  クリックして応援をお願いします!


スマートフォンやPCなどの電子機器で当たり前に使われている、リチウムイオン二次電池(充電可能な電池)。高容量で小型軽量であることから需要は高まりましたが、それとともに発火・爆発事故が多いことから安全対策が求められてきました。

今回開発された電解液では可燃性の有機溶媒を使っておらず、発火することはないとのこと。また、温度が上昇すると、蒸気が発生して消火剤になるそうです。
拍車がかかる電気自動車へのシフトに潜む課題のひとつである、バッテリー容量問題。高エネルギー密度と高安全性を兼ね備えた、新たな二次電池の開発につながる技術となりそうです。


  クリックして応援をお願いします!

cobotta__323x411
出典:デンソーウェーブ

デンソーウェーブとデンソーは、人協働ロボット「COBOTTA(コボッタ)」を共同開発しました。2017年11月29日(水)から受注を開始します。
COBOTTAは、安全柵を必要としない人協働ロボットとして開発されており、本質安全と機能安全の両面から安全性が確保されています。コントローラを内蔵しながらも重量は約4kgと軽量で、手軽に持ち運びできる小型・軽量ボディです。どこでも持ち運んで、素早くセットアップ、直感的に操作ができるGUIによって、短時間で作業を自動化することができます。
また、内蔵コントローラを開放し、COBOTTAの制御用APIを公開。クリエーターが自由な開発環境でオリジナルのアプリケーションを開発できます。

関連リンク
デンソーウェーブ初の人協働ロボット、「COBOTTA」の受注を11月29日(水)から開始 ~


  クリックして応援をお願いします!

171122_1_1
出典:セイコーエプソン

セイコーエプソンは、生産現場の自動化領域を拡大できる「見て、感じて、考えて、働く」自律型双腕ロボット「WorkSense W-01」を商品化しました。今冬から世界で順次発売します。
このロボットは、一般的な産業用ロボットのように装置に組み込み、固定して作業を行うのではなく、必要な場所に機体を移動させ単独で人に代わって組み立てや搬送などの作業を行えるように開発されています。

  • 見て
    4つの頭部カメラ、2つのアームカメラによって人間の目と同じように、3次元空間上で対象物の位置・姿勢を正確に認識。対象物や障害物の配置が変わっても、みずから見つけて位置を把握できます。
  • 感じて
    高精度な力覚センサーを搭載した2本のロボットアームが力を感じることで、人の手と同じように力をコントロールして対象物にダメージを与えることなく組み立てや搬送などの作業を行います。
    またアームの先には、さまざまな形状・大きさの対象物を「握る、つかむ、挟む」ことができる多目的ハンドを標準装備。人が使う道具や治具をそのまま利用して作業できます。

  • 考えて
    3次元空間上で対象物の位置・姿勢を正確に認識する機能を装備。ロボットの設置場所を変更してもプログラムを変更せずに即座に作業を開始できます。
    そのため、日々異なる場所でさまざまな作業をさせるなど、急な生産体制の変更にも柔軟に対応できます。また7軸アームの経路や姿勢、障害物の回避をロボットがみずから考えます。

  • 働く
    人の腕のように動く7軸アームを2本装備。左右別々の作業を行うことができるほか、部品を押さえながらネジ締めするなど、片腕だけではできない双腕による協調作業ができます。



関連リンク
「見て、感じて、考えて、働く」自律型双腕ロボット「WorkSense W-01」を商品化 | ニュースリリース | エプソン
産業用ロボット|エプソン


  クリックして応援をお願いします!

↑このページのトップヘ